プロ野球Players.com

【オリックス 松葉 貴大は流行り?の外れ外れ1位がであることが魅力?】登場曲が話題?2012年ドラ1は中学時代から脚光を浴びる大器、プロで実力を証明できるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2012年のドラフトで外れ外れの末ですが、栄えある1位指名でオリックスに入団したのが松葉貴大選手です。
ルーキーイヤーこそ華々しい活躍はありませんでしたが、プロ二年目からはしっかりと結果を残しており、その年の日米野球の日本代表としても選出されています。

 

|話題の登場曲といえば?

松葉投手と言えば、その登場曲が話題でした。
名字である松葉=「まつば」とかけて、あみんの「まつわ」が学生時代から使われていました。
「わたしまつば~~」、というダジャレのようなものだったのですが、馴染みがあったことからかプロ入り後にも「まつわ」が使われました。
しかし、いつまでも学生時代の気分では居られないとのことで、シーズン途中からファンキーモンキーベイビーズの旅立ちへと曲の変更をしています。

 

|中学から光る才能を持っていた?

松葉選手は小学校3年生から野球を始めており、名門高校の1つである東洋大姫路校に進学しています。
この時、1年生にしてその年の秋には背番号1を獲得するなど、かなりの才能を秘めていたことがわかるでしょう。
しかし、その後に肘を痛めたことから2年生の秋には、野手へと転向しました。
結果として甲子園に出場するもプロ入りはならず、大阪体育大学へと進学します。
大学進学後も野手として活躍していたのですが、ライバルである現在ロッテに在籍している松永昂大投手対策としてバッティングピッチャーを務めていたところ評価されて、再び投手へと転向することになりました。

やや早熟だった中学時代に秘めていた才能が高校時代の故障で投手としての力を蓄えることにつながり、投手への再転向が功を奏しリーグ通算31勝を挙げ2度のMVPにも選出されプロへの道が開けることになりました。

|今後の活躍、左のエースとしての期待

ルーキーシーズンは華々しいものではありませんでしたが、2014年シーズンは先発ローテーションに入る躍進を見せチームにとって欠かせない投手の1人だったと言っても過言ではありません。
ドラフト1位のポテンシャルは期待できるものであり、好不調の波が減り安定感が増すことができればローテーション投手の一角として活躍が待ち望まれます。

チーム事情としても、金子投手や西投手といった球界を代表する先発ピッチャーはいますが右投手であり、サウスポーの松葉投手としては多くのチャンスが得られている今の状況を活かしてもらい左のエースになることを期待しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る