プロ野球Players.com

【広島 大瀬良 大地はエースになれる?】高額の契約金でドラフト入りしたエース候補は変化球がカギ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
広島 大瀬良

広島の大瀬良投手は高額な契約金でドラフト入りしましたが、2015年は成績が振るわず中継ぎに配置転換されたりとピリッとしないシーズンを過ごしており、新エース候補から信頼されるエースになるためにはやはり得意の変化球がカギになると思われます。

 

契約金から察する大瀬良に対する次代エースへの期待

大瀬良投手の契約金は1億円プラス出来高払い5000万円、そして年俸は1500万円でした。
これは大卒とは言え新人投手としては上限いっぱいの最高額です。この金額が物語ることは、運営資金が厳しいと言われるカープがいかに大瀬良投手を将来のエース候補として考え、期待していたかが伺い知ることができます。
一年目は防御率が4点台とはいえノルマと言える二桁10勝を達成し、ドラフト1位として、最高額の契約金を受けた期待に応える結果を残し、順調にカープの次代エースとなるスタートを切ることができました。

 

カットボールの質と配球が今後の課題

大瀬良投手はカットボールとスライダーを軸にしていますが、今の時代はカットボールで打たせて取るピッチングが重要になります。
大きく曲がるスライダーは見分けが付きやすいので見極めやすく、どうしてもストレートとスライダーだけだと打者に狙いを絞られてしまうのです。
だからこそ、スライダーよりも見分けにくいカットボールを織り交ぜていくピッチングの配球とカットボールの質の向上がキーポイントになります。

エースとしての階段を駆け上がれるか?

一年目はドラフト1位として多くのチャンスを得て見事に期待に応えることができました。しかし、二年目は各球団に研究されたことや単調なピッチングで打ち込まれる事が多くなり、一年目の活躍とは打って変わってエースになるための飛躍のシーズンにすることはできまず、少し足踏みしている状態です。
ただ、これから長く続くプロ生活を考えれば今の中継ぎという経験は将来にきっと役立つでしょうし、この壁を乗り越えて、腐ることなく結果を出すことで再び信頼を得ることにつながります。

やはり大瀬良投手にはチームとして期待しているのは先発です。再び、先発へ戻った時に一年目以上の成績を残すことが当然求められますが、その期待と信頼を監督・コーチ・チームメイトから得られることが次代カープのエースとしての階段を再び駆け上がる一歩となるのではないでしょうか?

大瀬良投手のこれからの大きな飛躍に期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ƒvƒ–ì‹…E¼•|ƒIƒŠƒbƒNƒX^HŽR‚̏Ÿ‚¿‰z‚µ“ñ—Û‘Å
  2. ff14360a-s
  3. 阪神 大和
  4. 広島 大瀬良
  5. 楽天 辛島
  6. e38c2484
  7. samviewrs2
  8. 58011847_624
  9. siomi
  10. B0oWO3lCQAA97CO

最近の記事

  1. ロッテ佐々木
    2016年ドラフトの目玉となった田中正義(創価大→ソフトバンク)と並び高い評価を受けていた佐々木千隼…
  2. 楽天 藤平1
    2016年ドラフトの一つのキーワードとなった「高校BIG4」。その面々は寺島成輝(履正社→ヤ…
  3. 巨人 吉川2
    「球界の盟主」と呼ばれる巨人。この日本のプロ野球で最も注目される人気球団が2016年ドラフト…
  4. ソフト田中3
    やはり主役はこの男だった…。創価大 田中正義が注目を集めてからは12球団で競合とまで言われ、…
  5. 濱口1
    【2016年シーズン、セントラルリーグ3位】このAクラス入りが示す意味はとても大きい。…
  6. 東都大学野球春季リーグ
慶應-法政
加藤拓也投手
    広島カープ25年ぶりの優勝の勢いのまま真向から挑んだドラフトだった。結果は、1回目の…
  7. 阪神 大山
    「阪神タイガース第一回選択希望選手」「・・・」「大山悠輔」2016年10月2…
  8. 横浜 綾部
    茨城県取手市出身の綾部翔(あやべ かける)投手は、1997年4月25日生まれの19歳。身長1…
  9. オリックス 森本
    福井県坂井市出身の森本将太(もりもと しょうた)投手は、4歳上の兄の影響を受けて、小学校3年…
  10. 阪神 上本
    広島県出身、中学は軟式野球クラブの松永ヤンキースに所属。広陵高校時代は1年生の夏から4季連続…

カテゴリー

ページ上部へ戻る