プロ野球Players.com

【広島 大瀬良 大地はエースになれる?】高額の契約金でドラフト入りしたエース候補は変化球がカギ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

広島の大瀬良投手は高額な契約金でドラフト入りしましたが、2015年は成績が振るわず中継ぎに配置転換されたりとピリッとしないシーズンを過ごしており、新エース候補から信頼されるエースになるためにはやはり得意の変化球がカギになると思われます。

 

契約金から察する大瀬良に対する次代エースへの期待

大瀬良投手の契約金は1億円プラス出来高払い5000万円、そして年俸は1500万円でした。
これは大卒とは言え新人投手としては上限いっぱいの最高額です。この金額が物語ることは、運営資金が厳しいと言われるカープがいかに大瀬良投手を将来のエース候補として考え、期待していたかが伺い知ることができます。
一年目は防御率が4点台とはいえノルマと言える二桁10勝を達成し、ドラフト1位として、最高額の契約金を受けた期待に応える結果を残し、順調にカープの次代エースとなるスタートを切ることができました。

 

カットボールの質と配球が今後の課題

大瀬良投手はカットボールとスライダーを軸にしていますが、今の時代はカットボールで打たせて取るピッチングが重要になります。
大きく曲がるスライダーは見分けが付きやすいので見極めやすく、どうしてもストレートとスライダーだけだと打者に狙いを絞られてしまうのです。
だからこそ、スライダーよりも見分けにくいカットボールを織り交ぜていくピッチングの配球とカットボールの質の向上がキーポイントになります。

エースとしての階段を駆け上がれるか?

一年目はドラフト1位として多くのチャンスを得て見事に期待に応えることができました。しかし、二年目は各球団に研究されたことや単調なピッチングで打ち込まれる事が多くなり、一年目の活躍とは打って変わってエースになるための飛躍のシーズンにすることはできまず、少し足踏みしている状態です。
ただ、これから長く続くプロ生活を考えれば今の中継ぎという経験は将来にきっと役立つでしょうし、この壁を乗り越えて、腐ることなく結果を出すことで再び信頼を得ることにつながります。

やはり大瀬良投手にはチームとして期待しているのは先発です。再び、先発へ戻った時に一年目以上の成績を残すことが当然求められますが、その期待と信頼を監督・コーチ・チームメイトから得られることが次代カープのエースとしての階段を再び駆け上がる一歩となるのではないでしょうか?

大瀬良投手のこれからの大きな飛躍に期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る