プロ野球Players.com

【北北海道】2018年夏の甲子園予選:厳選スター&ドラフト候補

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

①北北海道のスター候補

沼田翔平

❑沼田翔平(旭川大高)

北北海道ではなく北海道全体で屈指の右腕だ。2年秋に145kmを計測し、一躍ドラフト候補となり、春季大会にはプロのスカウトが9球団集結するほどの存在となった。魅力はストレートはもちろん、スライダーを得意としたコンビネーションが素晴らしく、細身だが筋肉質なためシルエットが投手の理想であり、良い顔立ちも評判を高める要因となっている。

沼田のポテンシャルは早くから注目され、1年は春から実戦経験があり、2年夏にはベスト4まで進出する原動力となり、甲子園出場もそう遠くないと大きな期待がかかった。

しかし、昨年秋と今春は強打の旭川実に打ち込まれて同じ相手に2度敗れる屈辱を味わう。この最後の夏に北海道№1ピッチャーであることを証明して、甲子園出場のラストチャンスを手に入れ、全国デビューすることを期待したい。

②北北海道のドラフト候補

(ピッチャー編)

ピダーソン

❑ピダーソン和紀(クラーク記念国際)

最大の魅力は最速145kmのストレート。春に甲子園準Vの智辯和歌山に9回3失点の好投で一躍注目の存在になった。転校生のため、公式戦デビューは今春と遅かったこと、名前からも別の意味で注目されている。チームも甲子園に一番近い存在であり、これからの活躍で一気にブレイクする可能性は高い。

石橋翔

❑石橋翔(武修館)

春季大会は自身は投げることなく、チームは無念の初戦敗退を喫し、夏はノーシードからの挑戦となる武修館の投打の中心的存在。投げては146kmのストレート、打っては豪快且つ確実性の高い技術が高い評価を得ている。春の悔しさをバネに夏は打って、投げてと本来の魅力である躍動感溢れるプレーに期待したい。

③北北海道のドラフト候補

(バッター編)

吉田将伍

❑吉田将伍(旭川実)

名門旭川実業の主砲、184センチ92キロの巨体からの長打力が魅力の頼れる四番。体格通りの飛距離と奇麗な放物線を描ける右の稀少なスラッガータイプであり、チャンスにも強いクラッチヒッターでもある。最大のライバル、クラーク記念国際を破るにはこの男のバットからの快音は必要不可欠だ。

山保健太郎

❑山保健太郎(旭川明成)

193センチ91キロの規格外ボディーに秘められた可能性はメジャー級とも言われている素晴らしい素材。チームでは四番でエース、そして主将を務め、まさに大黒柱として体格同様に圧倒的な存在感を放っている。規格外のパワーと素質でチームを甲子園に導けるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 2018年ドラフトにおいて、高校生捕手№1と呼ばれているのが益子京右(ましこきょうすけ)だ。…
  2. 187センチ、83キロの体格と長い手足が創る美しいシルエット。泉圭輔(いずみけいすけ)はピッ…
  3. まさに走攻守三拍子揃った外野手が小郷裕哉(おごうゆうや)だ。全てにおいて高次元の能力を持つの…
  4. 中学時代にストレートが140キロに達し、投打両面で注目される存在だった正随 優弥(しょうずいゆうや)…
  5. 田宮裕涼(たみやゆあ)は現代の新しいキャッチャー像を追い求めれる素質の持ち主だ。小柄な体とは…
  6. 川原陸(かわはらりく)の最大の特徴は185センチの恵まれた体格ではない。長身からゆったりとし…
  7. 190センチを超える体格、そして「松井」という名前から「九州のゴジラ」と称された左のスラッガーが松井…
  8. 数々の名選手をプロへ送り出した名門から最後のドラフト指名となる可能性が高い。2016年から休…
  9. 身長が191センチあり、将来生と素材は一級品と早い時期からスカウトより高い評価を受けていた。…
  10. 富士大では1年春からリーグ戦に出場し、4年間で積み上げたホームランは20本を数える。豪快なフ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る