プロ野球Players.com

カテゴリー:2018年ドラフト指名選手

2018年ドラフトにおいて、高校生捕手№1と呼ばれているのが益子京右(ましこきょうすけ)だ。捕手を評価するうえで最上級の表現である「強肩強打」が代名詞となっている。二塁送球が最速で1秒72を記録し、打っては高校通算23本のホ…

まさに走攻守三拍子揃った外野手が小郷裕哉(おごうゆうや)だ。全てにおいて高次元の能力を持つのが最大の魅力で、50mを5.8秒で駆ける俊足、遠投は110mを記録し、高校時代から高い評価を得ていたバッティングも大学で更にレベルアップした…

中学時代にストレートが140キロに達し、投打両面で注目される存在だった正随 優弥(しょうずいゆうや)。大阪桐蔭時代では3年夏にレギュラーとして四番に座り、チームの全国制覇に貢献した。高校ではプロへの道を意識して野手に専念する高い向上…

田宮裕涼(たみやゆあ)は現代の新しいキャッチャー像を追い求めれる素質の持ち主だ。小柄な体とは思えない二塁送球1.8秒の強肩、内野手でも通用する柔らかい身のこなしを武器にキャッチャーとしてどのような完成形を見せるのか?&nbs…

川原陸(かわはらりく)の最大の特徴は185センチの恵まれた体格ではない。長身からゆったりとしたフォームから放たれるストレートはキレがあり、球持ちも良く、最速141キロの球速以上に上質な球筋だ。➊アマ時代のプレ…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る