プロ野球Players.com

カテゴリー:2018年ドラフト指名選手

MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレートは速さだけではなく、打者の手元で動くクセ球でプロでは同じ球団の藤浪晋太郎のような特異性を持つ。本来はドラフト1位候補だったが、都市…

根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏連覇を果たしたのが横川凱(よこがわかい)だ。190センチの高身長でサウスポーはプロ野球界でも稀少な存在であり、これからどのような成長…

最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長172センチと小柄だが、体を目一杯使ったフォームからキレのあるボールを投げ込む。また、大学時代に身に付けた一塁への牽制テクニックはプロでも即…

188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだしん)だ。大柄ながらも50mは6.1秒の俊敏さ、内野守備も三塁・遊撃を守れる器用さも併せ持つのも魅力。右打ちの大砲はプロ野球…

森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キロを計測するストレートが最大の魅力だ。愛する妻と二人の子を持つ26歳、念願のドラフト指名を受けたが今までの野球人生はプロ入りできるよ…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る