プロ野球Players.com

【2018年ドラフト候補】九州№1から世代№1強打者へ濱田太貴(明豊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

➊ドラフト通信簿

■■■ 総合:84点 ■■■

※100~90点:ドラフト1位候補 89~80点:ドラフト上位候補79~70点:ドラフト中・下位候補 69点以下:ドラフトの可能性あり

1.実  績 ★★★★(4)

2.プロ注目度 ★★★★★(5)

3.ポテンシャル ★★★★★(4)

4.野球頭脳 ★★★★(4)

5.能  力 ★★★★(4)

2年夏に甲子園に出場し、3試合で通算15打数9安打、そして2本のホームランを放ち派手に全国デビューを果たした。

濱田が特に注目されているのは決して大きくない体格から生まれるパワフルなスイングとボールを体の近くまで呼び込んでも振り切れるスイングスピードだ。

天性の体の強さと使い方から生まれるバッティングで通算本塁打は40本を越えた。今では九州№1スラッガーの称号を不動のものにしているが、最後の夏の活躍次第では世代を代表する全国№1スラッガーとなっている可能性は十分にある。

大舞台になればなるほど結果を出すハートの強さは実証済み、そんな男には甲子園がよく似合う。

➋プロフィール

出身地:福岡県北九州市

生年月日:2000年9月14日

身長・体重:176cm 76kg

投打:右投右打

主な球歴:中間ボーイズ出身

高校実績:2017年夏の甲子園出場

 

➌プロでのイメージは誰だ⁉

ロッテ時代に勝負強いバッティングと名手と呼ばれたサードの守備で、史上最大の下克上のドラマを完結、日本シリーズ制覇の中心となった今江敏明(年晶)のプレースタイルを思い起こさせる。

今江はアベレージヒッターだが、長距離砲としての素質溢れる濱田には、小さくまとまることなく、よりスケールの大きなバッターとして成長することを期待したい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 2018年ドラフトにおいて、高校生捕手№1と呼ばれているのが益子京右(ましこきょうすけ)だ。…
  2. 187センチ、83キロの体格と長い手足が創る美しいシルエット。泉圭輔(いずみけいすけ)はピッ…
  3. まさに走攻守三拍子揃った外野手が小郷裕哉(おごうゆうや)だ。全てにおいて高次元の能力を持つの…
  4. 中学時代にストレートが140キロに達し、投打両面で注目される存在だった正随 優弥(しょうずいゆうや)…
  5. 田宮裕涼(たみやゆあ)は現代の新しいキャッチャー像を追い求めれる素質の持ち主だ。小柄な体とは…
  6. 川原陸(かわはらりく)の最大の特徴は185センチの恵まれた体格ではない。長身からゆったりとし…
  7. 190センチを超える体格、そして「松井」という名前から「九州のゴジラ」と称された左のスラッガーが松井…
  8. 数々の名選手をプロへ送り出した名門から最後のドラフト指名となる可能性が高い。2016年から休…
  9. 身長が191センチあり、将来生と素材は一級品と早い時期からスカウトより高い評価を受けていた。…
  10. 富士大では1年春からリーグ戦に出場し、4年間で積み上げたホームランは20本を数える。豪快なフ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る