プロ野球Players.com

【2018年ドラフト候補】九州№1から世代№1強打者へ濱田太貴(明豊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

➊ドラフト通信簿

■■■ 総合:84点 ■■■

※100~90点:ドラフト1位候補 89~80点:ドラフト上位候補79~70点:ドラフト中・下位候補 69点以下:ドラフトの可能性あり

1.実  績 ★★★★(4)

2.プロ注目度 ★★★★★(5)

3.ポテンシャル ★★★★★(4)

4.野球頭脳 ★★★★(4)

5.能  力 ★★★★(4)

2年夏に甲子園に出場し、3試合で通算15打数9安打、そして2本のホームランを放ち派手に全国デビューを果たした。

濱田が特に注目されているのは決して大きくない体格から生まれるパワフルなスイングとボールを体の近くまで呼び込んでも振り切れるスイングスピードだ。

天性の体の強さと使い方から生まれるバッティングで通算本塁打は40本を越えた。今では九州№1スラッガーの称号を不動のものにしているが、最後の夏の活躍次第では世代を代表する全国№1スラッガーとなっている可能性は十分にある。

大舞台になればなるほど結果を出すハートの強さは実証済み、そんな男には甲子園がよく似合う。

➋プロフィール

出身地:福岡県北九州市

生年月日:2000年9月14日

身長・体重:176cm 76kg

投打:右投右打

主な球歴:中間ボーイズ出身

高校実績:2017年夏の甲子園出場

 

➌プロでのイメージは誰だ⁉

ロッテ時代に勝負強いバッティングと名手と呼ばれたサードの守備で、史上最大の下克上のドラマを完結、日本シリーズ制覇の中心となった今江敏明(年晶)のプレースタイルを思い起こさせる。

今江はアベレージヒッターだが、長距離砲としての素質溢れる濱田には、小さくまとまることなく、よりスケールの大きなバッターとして成長することを期待したい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る