プロ野球Players.com

阪神ドラフト3位 江越大賀 アスリートタイプの一番打者になれる逸材【背番号25】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

阪神タイガース、ドラフト三位の江越大賀選手を紹介します。
経歴は、海星高校(長崎県)に入学。投手として入学するも打撃センスを評価され、2年夏からは外野手としてレギュラーを掴みます。

高校通算26本塁打で注目され、駒沢大学に進学。1年春からレギュラーとして活躍します。
確実性が課題と言われていましたが4年秋には最多安打、打撃十傑入りも果たし、課題を克服しました。また守備はすぐにでもプロで通用すると言われるほどの強肩と広い守備範囲を兼ね備えた選手です。プロ入り後はどんな選手になってくれるでしょうか。

1.甲子園にマッチする武器

まず現時点での一番のセールスポイントは強肩好守という点だと思います。この点は広い甲子園を主戦場とする阪神に入団できたのはプラスだと思います。守備にはスランプがないと言われますので、スタメンでなかったとしても使える選手という評価になりやすいです。

また、打撃に関しては飛ばす能力があるという点、また右打者ですのでこれまた甲子園において非常に有利になります。右の強打者が少ないというチーム事情もあり、期待は大きいと思われます。

2.レギュラー争いのライバルは?

阪神外野陣は大和選手が素晴らしい守備で昨年レギュラーを獲得しましたが、レフトはマートン選手、ライトは福留選手といったベテラン選手が出場している状態です。若手では伊藤隼太選手や横田選手など素晴らしい選手もいますが、一軍では結果はまだ残せていません。

そんな中、江越選手は一年目からチャンスが多いと思いますし、守れる選手という点でも他のライバルには無い点を持っています。

3.チャンスは十分ある!

江越選手は右打ち外野手という点で早い時期から起用されることが多くなってくるのではないかと思います。

もちろんキャンプ、オープン戦で猛アピールしてレギュラーを掴んでくれれば問題ないのですが、そうでなくても投手の左右でスタメンを変える場合、左打ちの外野手が多い阪神ではライバルが少なく右打ちであることが有利になってきます。

~右の名外野手を目指して~

阪神としてはどのように育てていくのかわかりませんが、いずれは真弓選手を彷彿させるようなプレーが期待できる選手です。

現在のところ、キャンプでもアピールできているようですし、今年入団した野手の中では新人王候補の一人であることは間違いないと思います。
大賀(たいが)という名前も阪神にピッタリですし、ファンから愛される選手になることを期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る