プロ野球Players.com

【阪神 榎田 大樹は今後、期待できるのか?】東京ガス時代からプロ入りした期待の投手の現在と今後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

榎田大樹投手といえば、阪神ドラフト1位で入団した経歴をもつ左腕ですが、大活躍したルーキー時代以降徐々に成績を落とし、2015年の今シーズンもまだ1軍で勝利がありません。
豊富な球種を生かして再び新人の頃の輝きを取り戻せるか、今後の頑張りが期待されます。

 

巨人キラーとして一躍注目を集める

榎田投手といえば、実は巨人キラーとして名前を売ったこともあります。
それは2013年度のことでしたが、この年の榎田投手のシーズンで4勝を挙げましたが、そのうちの3勝が巨人相手に奪った勝ち星だったのです。
しかも、その3勝は中継ぎではなく先発勝利だったので、そのことが「巨人キラー」のイメージを定着させることになりました。
しかし、その後は巨人戦で敗戦投手になったこともあり、巨人キラーのイメージからは遠ざかっています。

 

適正は先発?それとも中継ぎ?

年度別では過去に中継ぎで好成績を挙げたこともある榎田投手ですが、現在は登板機会数を減らしており、それに伴って満足のいく成績も挙げられていないので、評価も微妙なものになっています。
チーム事情と期待の中で2011年度の62試合に登板のように、中継ぎで大きくチームに貢献した翌年に満を持して先発に転向しましたが思うような成績が残せず、中途半端な起用をされるようになりました。

厳しい言い方になりますが、本人の希望通りに起用されるほどの立場ではありません。崖っぷちの気持ちで敗戦処理からでも今一度監督、コーチの信頼を得られるように限られたチャンスをものにしてほしいです。

技巧派としての特色を出せるか?

榎田投手が再度浮上するためには、ドラフト1位の栄光をまず忘れることです。
それより、自分の技巧派としての特色をどう生かしていくか、そこに注意を傾けるべきでしょう。
二種類のスクリューや、カーブ、フォーク、カットボールなど、球種は豊富なので、それを上手く投げ分けることができれば、相手打線を封じることができるはずです。

新人時代からセットアッパーの座を射止め、実績を作った経験は大きな財産です。また、結果的に定着できなかった先発でも結果としてはやや期待外れ感はありましたが、味方の援護に恵まれなかったことも原因としてありましたので決して実力不足ではありません。

様々な経験は大きな武器となります、そして技巧派サウスポーはチームに欠かせない存在です。今の逆境に負けず、もう一度輝けるときが来ることに期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る