プロ野球Players.com

【2018年ドラフト名鑑】阪神5位「キレ命の大型左腕」川原 陸投手(創成館)動画付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

川原陸(かわはらりく)の最大の特徴は185センチの恵まれた体格ではない。

長身からゆったりとしたフォームから放たれるストレートはキレがあり、球持ちも良く、最速141キロの球速以上に上質な球筋だ。

 

➊アマ時代のプレー動画

 

➋どんな選手?

2年時の神宮大会で「王者」大阪桐蔭に土を付ける大金星を挙げ、チームの結果は準優勝で一躍全国区の存在となる。

翌3年センバツではベスト8まで進出し、川原自身も3試合全てに登板してチームの躍進に貢献した。

しかし、結果は11回1/3を投げて被安打11、自責点4とエースとしては期待を裏切る寂しいものとなった。

特に智辯和歌山との準々決勝では2点リードの9回に登板して、追いつかれて降板、チームも延長の末サヨナラで敗退し野球人生で最大の悔しさを味わった。

これから迎えるプロとしての野球人生。悔しさにまみれた甲子園だったが、これからはホームグランドとして活躍し勝利を重ねることが自身のリベンジとなり、そして熱狂的なタイガースファンへの歓喜へと繋がる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る