プロ野球Players.com

【2018年ドラフト名鑑】広島5位「173センチでもMAX152キロの強気の剛腕」田中 法彦投手(薙野)動画付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなかのりひこ)だ。

身長は173センチと小柄な部類に入るが、パワフルな豪速球でグイグイと強気に攻めることが一番の持ち味。さらにスライダーの変化が大きく、スプリットも鋭く変化するセンスも併せ持つ。

 

➊アマ時代のプレー動画

 

 

➋どんな選手?

高卒ながら上背がなく、ガッシリとした体形のプロ入りは実は珍しい。

だが、身体的ハンデを跳ねのけるポテンシャルが田中にはあるからこそのドラフト指名であることは間違いない。

投げては最速152キロのストレートと高い変化球のセンス、打っては通算30本のホームランを放ったパンチ力は野球センスの塊と言って過言はない。

プロでは投手としてスタートしても馬力ある投球で成功する姿が想像できるが、打者としても強肩強打の野手として大化けするようなイメージも湧き、野球ファンとしては「打者 田中紀彦」は投手よりも夢があるように思うのは私だけだろうか?

これから始まるプロ生活で想像以上の活躍が期待できる楽しみな素材だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る