プロ野球Players.com

【巨人 宮國椋丞投手の近況】とうとう中継ぎ転向!元開幕投手、ジャイアンツ次世代エース候補は彼女を作る余裕なし?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

宮國椋丞選手は今シーズンの6月6日に1軍登録がされ、中継ぎ投手として活躍しています。
元々は先発投手だったこともあり、本人には中継ぎ投手であることに悔しさを感じている部分もあるかもしれませんが成績も上々でさらなる活躍が期待されています。

 

開幕投手への道は順調だった?

宮國選手は2011年に巨人に入団すると2軍で19イニングで自責点0という華々しい結果を残します。
翌年の2012年からは1軍入りを果たし、キャンプや親善試合で結果を残し見事開幕ローテーション入りとなります。
4月には対阪神戦で一軍初の登板をし、見事7回1失点で勝利を飾ります。
ちなみに初登板で初勝利は巨人では槙原寛己投手以来29年ぶりの快挙です。

その後も先発投手として順調に活躍し、2013年にはなんと開幕投手まで務めます。
WBCに出場した内海投手の代役という形で、勝ち星も付きませんでしたが先発投手としての役割は十分に果たしたと言え、巨人若手の代表的な存在に上り詰めます。

 

宮國選手の恋愛観については?

宮國選手は本人も認める照れ屋で、恋をするとどうなるかという質問に対しても照れると答えています。
こうした性格から考えると恋愛に対しては少し奥手なところがあるのでしょうか。
ただ、女性ファンからするとそれが可愛く、弟キャラのように愛されているようです。

結婚願望は強いとのことですが今は野球に全力を傾けており、彼女を作る余裕は無さそうです。
これも将来のエース候補として期待されている選手の宿命でしょう。

もう一度返り咲けるか?

1度は開幕投手まで務め、成功を約束されたかに思えた宮國選手ですがその後は2軍暮らしを経て中継ぎ投手として復活しました。
もう1度先発に転向するにせよ中継ぎのままにせよ、再度若手有望株として見事な活躍を見せることができるのか注目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る