プロ野球Players.com

新生巨人の星に!巨人 桜井俊貴 魔球『サクライズ』を携えプロの舞台へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
巨人 桜井

兵庫県出身、中学は軟式野球部に所属。神戸市大会で準優勝し、地報徳学園や神戸国際大付といった地元の強豪私立から誘いを受けるも公立の進学校の北須磨高校に入学します。公立の星として県大会ベスト8に進出が最高記録で甲子園出場はありません。

スポーツ推薦で立命館大学に進学後2年春にはエースとして活躍。4年間でMVP・最優秀投手を2回・ベストナイン1回と輝かしい成績を残します。また3年秋にはU21日本代表に選ばれワールドカップを経験し、2015年のドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名を受け入団。

高橋新監督体制初のドラフト1位として即戦力の期待が持たれています。

 

➊華々しい大学時代の実績

大学時代の成績は他のドラフト候補の大学生を見比べて抜群の安定感を誇っています。1年生の秋から主戦投手として登板し、大学通算28勝(8敗)で防御率はなんと1.10でした。防御率0点代のシーズンが4シーズンもあります。全国の舞台では大学選手権と明治神宮大会で28イニング投げて4失点、防御率1.26。衝撃的だったのは4年秋の明治神宮大会の東北福祉大学戦で3安打完封、18奪三振を奪うという大会タイ記録の数字を記録しました。

投球スタイルとしてMAX150キロのストレートと前後のスライダー・カーブ・チェンジアップ・スプリットと多彩な変化球を駆使し打者に的を絞らせません。

18奪三振を奪った決め球はストレート6・スライダー4・チェンジアップとスプリット3・カーブ2とどの球でも有効に使えることを証明しています。

通算防御率を見ての通り、安定感があるということは制球力もしっかりしています。

また出身高校の北須磨高校の偏差値は「64」、己を理解しクレバーな投球に知的さが出ています。普段から人間観察が好きで「相手の裏をかくのが好き」とのこと。マウンドではポーカーフェイスを貫き相手の動きから狙いを読む賢さもこの成績に繋がっています。球の力と頭脳を駆使し18.44メートルとの駆け引きを制することが出来る投手です。

 

➋2つの武器『スタミナ』と『強心臓』

無尽蔵のスタミナが持ち味の一つである桜井。昨年春の関西学生リーグでは11試合で92イニング、投球数1439球、1試合で延長14回206球を投げ抜いたこともあります。そのスタミナが培われたのは高校時代と本人が語っています。野球名門校とは違い進学校の北須磨高校ではグランドは他部との共用で実践的な練習はあまりできなかったので練習中はずっと走っていたとのこと。更に練習後にはジムに通い身体づくりを順調に行ってきました。そうして培ったスタミナに加え、多くの球数を投げられるのはスタミナ温存の桜井ならではの思考があるといいます。「バッターを見て、打つ気がなさそうならスッと投げたりその反対にグッと投げて、意図的に力感を出したり」と状況に合わせて投げ分けているという。投げること以外に体力を使わないためにガッツポーズやジェスチャーは極力控えているという徹底ぶりです。

桜井のもう一つの魅力は強心臓で、「野球じゃ緊張しない」と本人が語っています。ここぞという試合で会心の投球が出来るのもドラフト1位という評価に結び付いたと言えます。北須磨高校では立命館大学の関係者が見守る中、育英高校を完封。大学では巨人のスカウト部長が見に来た試合で延長14回1失点完投など自らのピッチングで進路を切り開いてきました。ここ1番で力を発揮できる闘争心と冷静さを持ち合わせていることが持っている力を出し切れる要因だと思われます。

 

➌魔球サクライズで新生『巨人の星』になれ!

キャンプ中に1軍の主力が桜井のストレートと分かっていても空振りや見逃しを連発していたことからストレートに「サクライズ」という名前がつきました。浮き上がるように見えるストレートらしく日本では藤川(現阪神)が同じような表現をされていました。通常ボールを浮かすには1秒間のボールの回転数が50回転を超え、時速160kmが必要とされています。桜井も藤川も160kmは投げられないが、回転数が他の投手より多いので打者は浮いたような錯覚をするそうです。

キャンプでは坂本が「分かっていても打てなかった」と語っており、ノビのあるストレートは多彩な変化球と組み合わせることでより強力な効果を発揮することでしょう。

巨人は昨年優勝を逃しただけでなくドラフト前に賭博問題が大きく取り上げられ暗いニュースばかりが目立っています。桜井指名に関しても様々な憶測が飛び交いました。ある他球団のスカウトは「桜井の評価はどこも2位指名候補。1位の格上げはよほど巨人がドラフトで目立ちたくなかった」とも語っています。確かに2015年の巨人のドラフトは客観的に見ても地味でした。高橋(ソフトバンク)オコエ(楽天)小笠原(中日)といった甲子園のスター達の指名を回避したのは大問題を起こしておいて注目選手を指名して派手にやるわけにはいかないという思惑が働いた可能性は否定できません。

ただ賭博問題で3名の投手が解雇となったこともあり即戦力投手指名になったのも納得です。桜井には世間の巨人のイメージを取り戻せるよう、高橋監督率いる新生巨人軍の星として活躍が期待されています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 東都大学野球春季リーグ
慶應-法政
加藤拓也投手
  2. 日ハム 大塚豊
  3. 7cca2e3df4f8316a6c69f0c4cfa7d343
  4. 52d2b82e
  5. ae647997
  6. unv14042705020001-p2
  7. 20150611-00046548-roupeiro-000-19-view
  8. 原
  9. shima
  10. dra15021518050001-p2

最近の記事

  1. ロッテ佐々木
    2016年ドラフトの目玉となった田中正義(創価大→ソフトバンク)と並び高い評価を受けていた佐々木千隼…
  2. 楽天 藤平1
    2016年ドラフトの一つのキーワードとなった「高校BIG4」。その面々は寺島成輝(履正社→ヤ…
  3. 巨人 吉川2
    「球界の盟主」と呼ばれる巨人。この日本のプロ野球で最も注目される人気球団が2016年ドラフト…
  4. ソフト田中3
    やはり主役はこの男だった…。創価大 田中正義が注目を集めてからは12球団で競合とまで言われ、…
  5. 濱口1
    【2016年シーズン、セントラルリーグ3位】このAクラス入りが示す意味はとても大きい。…
  6. 東都大学野球春季リーグ
慶應-法政
加藤拓也投手
    広島カープ25年ぶりの優勝の勢いのまま真向から挑んだドラフトだった。結果は、1回目の…
  7. 阪神 大山
    「阪神タイガース第一回選択希望選手」「・・・」「大山悠輔」2016年10月2…
  8. 横浜 綾部
    茨城県取手市出身の綾部翔(あやべ かける)投手は、1997年4月25日生まれの19歳。身長1…
  9. オリックス 森本
    福井県坂井市出身の森本将太(もりもと しょうた)投手は、4歳上の兄の影響を受けて、小学校3年…
  10. 阪神 上本
    広島県出身、中学は軟式野球クラブの松永ヤンキースに所属。広陵高校時代は1年生の夏から4季連続…

カテゴリー

ページ上部へ戻る