プロ野球Players.com

巨人期待の若手左腕 田口麗斗 延長15回完投の鉄腕伝説と以外な料理の腕前とは? 【背番号90】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

広島新庄高校では1年時からベンチ入りし、早い段階で主力として活躍するようになります。

県大会準優勝が最高成績で甲子園には無縁であったが、3年時には甲子園未経験者として唯一日本代表に選出され、18Uワールドカップに出場、先発したカナダ戦ではKOされたが、リリーフで登板した2試合では好投しチームの準優勝に貢献しました。

同じ左腕で同学年であることから「東の松井祐樹(現東北楽天)、西の田口麗斗」とプロのスカウトから評価されていました。

1.すでに料理は一流の腕前?

小学生の頃に、憧れのジャイアンツで活躍し優勝したら、原辰徳監督をやきそばパーティーに招待したいという絵作文を描いていました。

中学時代には両親が共働きであったため、二人の妹にやきそばやチャーハンを作っていたそうで、味も妹たちからお墨付きをもらっています。

さらに、ジャイアンツとの仮契約の会見において、小学生の頃に描いた絵作文を披露するとともに「いつか、原監督にやきそばをごちそうしたい」と語ったようにその腕前にはかなり自身があるようです。原監督へのごちそうが実現するのは、本人次第であり、決して「夢物語」ではありません。

2.伝説の延長15回引き分け

広島新庄高校3年の夏に広島大会の決勝まで進出し、念願の甲子園出場まであと一歩というところまできました。

その決勝で、全国でも屈指の好投手と言われた瀬戸内・山岡泰輔投手(現東京ガス)と投げ合い、延長15回を投げ抜き0対0という死闘を演じました。
翌日の再試合でも7回まで無失点に抑えていましが8回に1点を失い、手の届くところまできていた甲子園出場を掴むことは出来ませんでした。

しかし、この再試合を含む準々決勝からの4試合41イニングを一人で投げ切り、延長15回完投の直後には「疲れはあるが身体はピチピチした状態」とコメントしており、その底知れぬスタミナには驚くばかりです。

3.目標は200勝、名球会入り

1年目の2014年は二軍でも7試合のみの登板に終わり、まだ一軍へ上がるための二軍での実績作りの段階であるような気がします。

高卒ルーキーでありながら、二軍とは言え、7試合で2勝を挙げ1点台の防御率を記録しており、尾花高夫二軍コーチもそのピッチングを絶賛しているように、田口選手への首脳陣の期待の高さは高卒2年目のそれではありません。

最終的に目標である200勝を達成するほどの活躍を見せることが出来れば、原監督が「もう勘弁してくれ」と言うほど、毎年のようにやきそばをごちそうすることになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る