プロ野球Players.com

【2018年ドラフト名鑑】千葉ロッテ8位「愛媛の天然素材」土居 豪人投手(松山聖稜)動画付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

身長が191センチあり、将来生と素材は一級品と早い時期からスカウトより高い評価を受けていた。

3年時センバツに出場し、最速148キロのストレートを記録し、一躍ドラフト候補へと駆け上がったのが土居豪人(どいひでと)だ。

 

➊アマ時代のプレー動画

 

➋どんな選手?

松山聖稜と言えば、広島カープでブレイク中のアドゥワ誠投手を思い起こすファンも多いはずだ。

土居は正真正銘の後輩にあたり、タイプもよく似ている。しかし、大型選手にある成長痛に悩まされ高校時代はまだまだ未完成の状態で終えた。

最後の夏は最速149キロと更新したが、まさかの一回戦敗退。

「未完の大器」はまだ完成形の片鱗も見せていない、体のサイズと同様に伸びしろは無限大で将来はどれほどのスケールの大きな投手へ成長するのか?

夢は大きく、メジャーリーガーのダルビッシュ有のように大型投手として大成して欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 2018年ドラフトにおいて、高校生捕手№1と呼ばれているのが益子京右(ましこきょうすけ)だ。…
  2. 187センチ、83キロの体格と長い手足が創る美しいシルエット。泉圭輔(いずみけいすけ)はピッ…
  3. まさに走攻守三拍子揃った外野手が小郷裕哉(おごうゆうや)だ。全てにおいて高次元の能力を持つの…
  4. 中学時代にストレートが140キロに達し、投打両面で注目される存在だった正随 優弥(しょうずいゆうや)…
  5. 田宮裕涼(たみやゆあ)は現代の新しいキャッチャー像を追い求めれる素質の持ち主だ。小柄な体とは…
  6. 川原陸(かわはらりく)の最大の特徴は185センチの恵まれた体格ではない。長身からゆったりとし…
  7. 190センチを超える体格、そして「松井」という名前から「九州のゴジラ」と称された左のスラッガーが松井…
  8. 数々の名選手をプロへ送り出した名門から最後のドラフト指名となる可能性が高い。2016年から休…
  9. 身長が191センチあり、将来生と素材は一級品と早い時期からスカウトより高い評価を受けていた。…
  10. 富士大では1年春からリーグ戦に出場し、4年間で積み上げたホームランは20本を数える。豪快なフ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る