プロ野球Players.com

【加藤翔平物語】馬並に速い『持ってる男』はロッテドラ4伝説を継承する〔千葉ロッテマリーンズ〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

埼玉 春日部東高校の1年夏からスイッチヒッターとなり、2年夏には5割を越える打率を残して埼玉県大会ベスト8進出に貢献しましたが、これがチームとして最高成績であり甲子園出場経験はありませんでした。

上武大学進学後は1年春からレギュラーとなり、最多盗塁や最多打点、ベストナインなどを獲得します。

2012年ドラフト4位でマリーンズに入団し、1年目にはイースタンで盗塁王となり、1軍でもデビュー戦で初打席初本塁打を含む猛打賞を記録し、さらにクライマックスシリーズ(CS)第1ステージでもポストシーズン初打席初本塁打を記録しました。

馬のように速い

加藤選手は50メートルを5.68秒で走り、遠投では120メートルの強肩を誇る高い身体能力を持っていますが、これは両親から受け継いだものであると言って間違いないと思います。

母の清美さんは陸上短距離で国体出場の経験があり、父の正さんはやり投げで国体9位の実績があるので、足の速さは母親譲りで肩の強さは父親譲りなのです。

また上武大学のコーチには「馬のように速い」、「陸上用スパイクなら日本記録が出せる」と評されており、加藤選手はまさに「サラブレッド」と言えると思います。

 

『持ってる男』

プロ野球に入るような選手は、誰しも『持っている男』なのですが、加藤選手の『持っている男』ぶりは群を抜いています。

プロデビュー戦となった2013年5月12日のイーグルス戦で史上2人目のプロ初打席初球初本塁打を放ち、その年のフレッシュオールスターでも本塁打を放ちMVP獲得、さらにCS第1Sでもポストシーズン初打席初本塁打を放つのです。

これだけに留まらず、翌2014年に放ったプロ2号がサヨナラ本塁打となりました。

ここまでくると『持ちすぎ』て逆に怖いような気までしてきます。

 

マリーンズドラ4伝説

加藤選手は2012年にドラフト4位でマリーンズに入団しているのですが、実はマリーンズにドラフト4位で入団した選手は大成するという伝説があります。

ミスターロッテこと初芝清氏を始め、開幕投手を務めたこともある小林宏之氏、世界一低いアンダースローと言われる渡辺俊介選手(現・米独立リーグ)、最近では2012年新人王の益田直也選手など主力選手として長く活躍する選手が多くいるのです。

加藤選手もそんな伝説があることは知っており、「裏切ることはできない」と強く意識しています。

 

2015年レギュラー奪取へ

2014年には出場機会が一気に増え、スタメン出場することも珍しくなくなりました。

しかし、マリーンズ外野陣には、首位打者を獲得したこともある角中勝也選手やキューバ最強のスラッガー・デスパイネ選手、ゴールデングラブ賞2回の岡田幸文選手、他にもベテラン・サブロー選手や荻野貴司選手などもおり、12球団でも1・2を争う激しい定位置争いが展開されています。

両親譲りの高い身体能力と『持ってる男』ぶりでこの激しい競争を勝ち抜き、マリーンズドラ4伝説を継承してもらいたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る