プロ野球Players.com

千葉ロッテマリーンズ 育成の星 西野勇士は強心臓を武器に『幕張の防波堤から侍の守護神へ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
img_7a9951540c574203a2591326851258da277778

中学時代には学業の成績も良く、進学校である富山・高岡高校への進学を勧められるものの、通学に自転車で1時間掛かる野球強豪校・新湊高校に進学します。

3年時には、エースとして夏の県大会準優勝に輝いたが甲子園出場は叶わず、周囲からは大学進学を勧められますが、本人は進学を一切考えておらずプロ志望届を提出します。

育成選手ドラフト5巡目指名でマリーンズに入団、4年目のオフに支配下選手登録され、5年目には先発で9勝、6年目の2014年はクローザーで31セーブを記録し侍ジャパンにも選出され、育成の星としてサクセスストーリーを突き進んできました。

1.2日連続「プロ初先発」

プロ入りして4年間育成選手として過ごし、支配下登録されてすぐの5年目には開幕1軍入り、そして2013年4月7日には「プロ初先発」のチャンスが巡ってきました。

しかし、2回27球を投げたところで降雨ノーゲームとなり「プロ初先発」はお預けとなってしまいました。

普通であれば、次の登板機会を待つところですが、なんと西野選手はチャンスを逃すまいと、次の日にスライド登板し、正真正銘の「プロ初先発」を連投で果たすこととなります。

そこで、プロ初勝利を挙げるとシーズン終了までにチーム最多の9勝を積み重ね、チームのクライマックスシリーズ(CS)進出に大きく貢献し、CSでは育成出身選手として初の勝利を挙げることとなります。

2.新・幕張の防波堤の誕生

ローテーションの柱として期待が高まった2014年は、前年のセーブ王・益田直也投手の故障により、急遽クローザーに転向します。

準備の仕方も調整法も手探りの中、開幕から14試合連続無失点を記録するなど、チームの成績が低迷する中、シーズン終了までにリーグ3位の31セーブを挙げます。

かつて、マリーンズのクローザーであった小林雅英氏(現コーチ)の異名「幕張の防波堤」を受け継ぎ、一部のファンの間ではその安定感から「劇場開幕しない幕張の防波堤」と呼ばれています。(小林氏は失点することも多く、ランナーを出す度に「小林劇場開幕」と揶揄されていました。)

3.メジャー相手に
   「ノーヒットノーラン」共演

2014年11月に行われた日米野球に侍ジャパンの一員として出場、3試合1失点で3セーブを挙げました。

特に第3戦では、則本昂大投手(楽天)・西勇輝投手(オリックス)・牧田和久投手(西武)がノーヒットでつないだバトンを受け継ぎ9回に登板、三者凡退に抑え、継投によるノーヒットノーランのトリを見事に飾りました。

抑えた3人の中には、アルトゥーベ(アストロズ)・モーノー(ロッキーズ)とその年の首位打者が二人おり、何重ものプレッシャーをものともしない西野選手のメンタルの強さに感服させられました。

~「私、失敗しないので」~

2015年シーズンもクローザーでの起用が濃厚ですが、自主トレにおいて西野投手は「今季は失敗しないことを目指す」と失敗0宣言をしました。

2014年は57試合に登板して失点したのが9試合のみで、さらにリリーフ失敗となるとたったの3試合なのですが、2015年はさらにその上を目指すということです。

きっと2015年は一滴の水をも漏らさぬ、「幕張の防波堤」が見られることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. G20130510005778510_view
  2. 1_1
  3. o0445044812181417729
  4. image
  5. 遠藤
  6. 原
  7. makihara-ns300
  8. 中日 小熊
  9. sh-f_12-10-10_012
  10. ae647997

最近の記事

  1. ロッテ佐々木
    2016年ドラフトの目玉となった田中正義(創価大→ソフトバンク)と並び高い評価を受けていた佐々木千隼…
  2. 楽天 藤平1
    2016年ドラフトの一つのキーワードとなった「高校BIG4」。その面々は寺島成輝(履正社→ヤ…
  3. 巨人 吉川2
    「球界の盟主」と呼ばれる巨人。この日本のプロ野球で最も注目される人気球団が2016年ドラフト…
  4. ソフト田中3
    やはり主役はこの男だった…。創価大 田中正義が注目を集めてからは12球団で競合とまで言われ、…
  5. 濱口1
    【2016年シーズン、セントラルリーグ3位】このAクラス入りが示す意味はとても大きい。…
  6. 東都大学野球春季リーグ
慶應-法政
加藤拓也投手
    広島カープ25年ぶりの優勝の勢いのまま真向から挑んだドラフトだった。結果は、1回目の…
  7. 阪神 大山
    「阪神タイガース第一回選択希望選手」「・・・」「大山悠輔」2016年10月2…
  8. 横浜 綾部
    茨城県取手市出身の綾部翔(あやべ かける)投手は、1997年4月25日生まれの19歳。身長1…
  9. オリックス 森本
    福井県坂井市出身の森本将太(もりもと しょうた)投手は、4歳上の兄の影響を受けて、小学校3年…
  10. 阪神 上本
    広島県出身、中学は軟式野球クラブの松永ヤンキースに所属。広陵高校時代は1年生の夏から4季連続…

カテゴリー

ページ上部へ戻る