プロ野球Players.com

大谷二世は俺だ!日ハム 平沼翔太は中学から輝いた野球センスの塊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2015年のドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズにドラフト4位で入団したのが、敦賀気比高等学校出身の平沼翔太です。同期には上原健太、加藤貴之、井口和朋などがいます。

平沼は福井県福井市出身の高卒ルーキーで、179cm・78kg右投左打の内野手です。

彼は才能豊かな選手で投手、遊撃手、右翼手のポジションを守った経験があり、ファイターズは内野手として指名。自身の指名挨拶の時には「遊撃手でレギュラーを獲りたい」とコメントしていた。栗山監督も平沼に非常に期待を寄せていて「投手と野手二刀流が出来る選手にしたい」と大谷二世のプラン立てているようです。

余談ですが、高校時代彼は良くも悪くも注目される選手で、ツイッターの発言が元で少々問題にもなりました。一部メディアも報道していたのですが、問題発言はデマだったということがわかり一安心。また敦賀気比バッテリーの感動のツイートも話題になっていましたので、気になる方はぜひ見てみてください。

 

➊類稀なる野球センス

野球センスの塊、といえば現マーリンズのイチローやレンジャーズのダルビッシュ有、同じチームの大谷翔平等が挙げられるかと思いますが、平沼は何れ彼らのようなプロ野球選手になれる素質を十分に持っているプレイヤーです。

平沼の才能を見抜いたのは、まず小学校6年の時に硬式の少年野球チーム「オールスター福井」に体験入部した時の小林繁総監督でした。この子は必ずプロになれる」そう思い平沼に声を掛け、小林総監督は入部を歓迎しました。中学進学と共に同チームに入部した平沼は小林総監督のお目付け通り、ヤングリーグの中日本選抜選手、台湾遠征選手に見事選ばれ結果を残しています。

敦賀気比に進学した平沼はまず左翼手としてベンチ入りしました。今は投手と内野手の二刀流も噂されている彼は、レフトも守ることが出来るのです。そして左翼手を経験した後、1年の秋の大会には投手として出場し1年生県大会で優勝しています。さらにその後、投手としての練習に力を注ぎ、2年になってからはエースナンバーを背負うまでの成長を遂げたのです。大会の結果としては3試合連続完投勝利とベスト4入りという素晴らしい結果を残しました。また平沼は投手としてだけではなく、試合途中に右翼手としてポジションを替えて出場しています。

そして、いよいよ高校生活最後の年となり、平沼は期待通りの活躍を見せ、福井県から初めての甲子園優勝に敦賀気比を文字通り導いたのです。

 

➋適正は投手?それとも野手?

こんな才能を持った平沼ですが、具体的にどんな選手なのか。紐解いていきましょう。

まず甲子園優勝に最も貢献した、投手としての平沼ですが注目すべきはその投球フォームです。初めて見ると思わずため息が漏れるほどの、ダイナミックなフォーム。投手として決して大きくはない彼ですが、そのフォームからは力強さをとても感じます。そして実際のボールですが、球速はMAX144キロを記録し、扱える球種は実に豊富で、ツーシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークと様々な球種を投げることが出来ます。さらにマウンド度胸も満点で、どんな場面であっても尻込みしない強気なピッチングも魅力のひとつです。もちろん素晴らしい素材というだけではなく、甲子園で通算10勝をマークするという安定した結果も残しています。

次に野手としてですが、エースで4番を任されていただけあってその打撃力は目を見張るものがあります。高校通算26本塁打を打っていてパワーもありますし、甲子園の通算成績は打率3割後半を記録する等ミート力も高いです。さらにパワーヒッターであることにとどまらず、彼の足は俊足でありジュニア五輪に出たこともあります。この打撃力と俊足を物語っているのが甲子園通算の長打率。彼の長打率はなんと5割ジャスト。身体能力をフルに発揮した結果ではないでしょうか。そして投手としての才能は優々と右翼手を守ることができる程の強肩にも活かされ、別の彼の持ち味のひとつと言えます。

ここまで完璧な平沼はまさしく、走攻守全てが揃った野球の申し子のような選手であり、栗山監督が期待する二刀流の可能性も十分頷けます。

 

➌ライバルに勝ち、一軍の舞台へ

現在平沼は鎌ヶ谷で1軍を目指すべく、日々汗を流しています。

今シーズンのイースタンでの結果ですが、4月末で25試合91打席に立ち、打率253とやや厳しい見方ですが平凡な成績となっています。そして、一番の課題として三振が15と多いことが挙げられます。まだ高卒一年目ですが、ボールを見極める力やプロの投手への対応には少し時間を要することになりそうです。ただ、面白い事に死球が他の選手は0個や1個が多いのに対し3つとなっているので、平沼はこのプロの厳しいインコース攻めを攻略することができれば一気に成績を向上させることができる可能性を秘めています。

今のファイターズでの正遊撃手は中島卓也です。彼は昨年ベストナインを獲っている素晴らしい選手ですので、レギュラーを奪取するには壁は高いかと思います。さらにその下には、渡邉諒や太田賢吾らも居ますので一筋縄では1軍でのプレーはできる機会はありません。しかし彼には他の選手とは決定的に違う、生まれ持った野球センスの塊のような身体能力という才能があります。その才能を最大限に武器として磨きをかけた平沼が成長し、札幌ドームで躍動する日を心待ちにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る