プロ野球Players.com

スケールは大谷級!日ハム 石川直也「ファイターズ石川三兄弟」の末っ子の経歴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2014年のドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズに有原航平、清水有心、淺間大基に続いて4位で指名された山形中央高校出身の石川直也。彼の故郷は山形県東田川郡庄内町。のどかな環境で育った彼は小学校時代からの夢、プロ野球選手になることをかなえたのでした。

石川の経歴は、小学校3年の時に野球を始め、中学校の頃には軟式野球ではありますが投手として既にプレーしていました。また当時東北大会にも出場していた経歴があります。

そして、中学を卒業後山形中央高校へ進学し、本格的に硬式野球を始めました。高校時代の石川は1年の秋にはベンチ入りするほど優秀な選手でした。また甲子園にも出場経験があり、3試合を投げ、大舞台での経験も豊富です。

現在ファイターズには外野手の石川慎吾、捕手の石川亮、そして投手の石川直也がおり、ファンからは石川三兄弟と呼ばれていて、とても愛されている選手でもあります。

 

➊大谷二世と呼ばれたスケールの大きさ

石川は右投げ右打ちで191cm・78kg、長身細身の右腕です。フォームはセットポジションから後ろへステップするような格好のオーバースロー。その長い腕を振り投げる球速はMAX148キロを誇り、平均球速は140キロほどです。

持っている球種はカーブ・フォーク・スライダー等。カーブの球速は10キロ以上も落差があり、フォークとスライダーは120キロ台をマークします。ただコントロールに難がある為、四死球が多いこと、甘い球になってしまうことが多いのはのは課題でしょうか。

さて、この逸材とも言える石川直也。彼が注目され始めた時、メディアが付けたネームは「大谷二世」や「田中将大二世」と若き剛腕ピッチャーの名前とその二世との呼び名でした。

それほど石川のプロ野球選手としての素材は素晴らしく、その長身と球速は若き球界のエースに匹敵するポテンシャルの高さを見せ、当然各球団のスカウトも石川の登板時にはこぞって彼を視察しに行き、熱い視線を送っていました。

結果、獲得が出来た日ハムの川名スカウトは「大谷と同じくチームの軸になれる選手である」と太鼓判を捺していましたし、巨人や阪神のスカウトも熱心に通うほど高く評価されていましたのでドラフト4位まで残っていたのが意外なくらいです。

また、早くから甘いマスクにも注目が集り、ドラフト時には淺間と共に端正な顔立ちが注目を浴び、ファイターズの女性ファンの間で瞬く間に人気となっていきました。特に先程書きました呼び名、石川三兄弟の中では末っ子に当たる年齢なのでかわいい、と評判のようです。

 

➋同期達の多くが早くから一軍へ…

有望視されていた石川でしたが、あくまでも高評価だったのは素材で実際は即戦力としては期待されていませんでした。

入団してから今まで1軍での登板はありませんが、石川の同期には今現在1軍で活躍している選手が多くいます。特に有原は2015年シーズンにパ・リーグ新人王を獲りましたし、淺間は何度もイースタン・リーグ月刊MVPに選ばれさらに最優秀選手に選ばれました。また清水や高濱も少ないながらに1軍での出場経験があり石川だけが取り残されてしまっている状況です。

とても悔しい思いをしているであろう石川ですが、今現在ファームで少しづつ結果を残し始めており、投球回はまだ7回ですが、打者26人に対し被安打6、11奪三振・自責点1(本塁打のみ)そして防御率が1.29とまずまずの成績と言えるでしょう。

いずれは大谷のように剛腕が唸る先発ピッチャーとしての活躍が期待されておりますが、育成のファイターズのファームはライバルも多く、1軍への道はまだまだ険しいものとなりそうです。

 

➌育成のファイターズへ入団した幸運を逃がすな!

石川直也という選手がこれから素晴らしい素材をいつ開花させるのか?

プロの世界では素材が良いだけでは生き残ることが出来ません。いくら素材が良くても結果が出なければ埋もれてしまう選手は山ほどいます。

石川はまだ入団して2年目の選手でまだまだ多くのチャンスを与えられるでしょう。

しかし、彼の同期や同年代の若手選手が1軍に呼ばれすでに活躍しているのも事実なのです。自らの若さに甘えた分だけ、1軍への昇格は遅くなります。ファイターズには入団から間もなく活躍する若手選手が溢れ、手本となる教科書は身近に数多くいる素晴らしい環境と言えます。

高卒新人、そして石川のようにスケールが大きい投手は育成に時間を要することは球団やファンも理解し、温かい目で見守ってくれるでしょう。

かつてドラフトの時、大谷二世と呼ばれたその逸材がファイターズの聖地・札幌ドームで躍動し、その剛腕を唸らせ、相手打者をねじ伏せ勝利へ導くその瞬間を多くのファンは待ち望んでいます。

若き逸材 石川直也の成長する姿を我々プロ野球ファンは温かくそして優しく見守り、応援していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る