プロ野球Players.com

身長186㎝だけどショート?日ハム 太田賢吾は高い身体能力と天性の打撃で中島卓也に挑む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
日ハム 太田

1997年1月19日埼玉県川越市で太田賢吾は生まれました。

太田が野球と出会ったのが小学校2年生の時です。まずは軟式野球始めた太田ですが始めたきっかけは1歳年上のお兄さんの影響でした。そして川越東中学校に上がってからは所沢中央シニアに所属し日々練習に明け暮れました。中学卒業後、地元の埼玉県立川越工業高校に進学すると1年生からベンチ入りする等期待を寄せられ、活躍を見せました。その活躍もあり、太田は見事プロの世界へ入ることができたのです。

太田は2014年に北海道日本ハムファイターズのドラフト8位で指名されました。同期入団した選手には有原航平、清水優心、淺間大基らがおり太田を含め9名が入団しました。

余談ですが太田はとても明るく元気な選手で、他の選手より練習中やプレー中の表情がとても豊かで面白いとファンの間では評判です。

 

➊無名校からプロへの道のりは中島卓也と同じ

太田賢吾という選手は高校時代に有名な選手だったのでしょうか?

答えはNOです。太田は県大会を突破したことすらない無名の高校、無名の選手だったのです。

中学を卒業して地元の川越工業高校へ進学した太田は1年生の秋には遊撃手としてレギュラー争いに勝利しスタメン出場をしていました。さらに同時に投手としてマウンドに上がり2試合に登板する等非凡な才能がありました。と言いますのも、太田は186cm・74kgとかなり恵まれた体格で内野手にしてはかなり体が大きですし細身です。

ファイターズの他の選手を例にすると内野手のレアードが185cm・98kgとウエイトがあるようにやはり身長が高いと体重も重くなります。ファイターズの一塁手や三塁手はその傾向にあります。そして外野手の岡大海が185cm・83kg、投手の中村勝が184cm・83kgと細身の彼らでさえ80kgオーバーですから、太田はかなり細身といえます。そんな太田の体格ですので監督としても細くて長い腕から繰り出されるボールがどんなものなのか、気になったのでしょう。

それはさておき、太田の高校時代の成績ですが2年生の春にはライトスタンドへ3ランを放つ等好成績を残し県大会ベスト8の結果となりました。そして3年の夏の大会には打率5割オーバーを記録する等好成績を収めました。しかし、チームとしては甲子園出場の夢は叶わず彼自身も目立って注目されることはありませんでした。

そんな太田でしたがファイターズのスカウトは彼の才能を見逃しませんでした。スカウトが注目したのはミート力とグラブ捌き。スカウトの評価としては「走攻守すべてバランスがとれていて、ミート力と守備力は高レベルだ」とコメントしていました。かつて同チームで遊撃手のレギュラーとして活躍する中島卓也を発掘した時のように、無名だったとしても特出するところがあれば注目し調査する、そのスタイルの結果太田はプロ入りすることが出来たのです。

 

➋始まったばかりの正遊撃手への挑戦

太田が希望するポジションは遊撃手ですが、ファイターズには絶対的なレギュラー中島卓也がいます。先述しましたが中島もまた太田と同じように、高校時代は無名の選手でした。そこから這い上がり、昨年は盗塁王とベストナインを受賞しました。田中賢介との二遊間も素晴らしいコンビネーションを見せており、投手陣の信頼も厚く、今となってはファイターズの遊撃手として欠かせない存在です。

太田が切り崩さなければいけない壁はとても厚く高いです。ルーキーイヤーから着実に成長をしていますが守備力はまだまだ中島には追いついていませんし、足も速い方ではありますが中島程ではありません。しかし、太田は中島と比較して決定的に勝っている部分があります。それがスカウトが着目した部分であるミート力・打撃力です。その抜群のバットコントロールと、細身ではありますが前に飛ばせるパワーで高打率、本塁打を期待でき、守備力を上げボールの見極めさえ出来るようになれば中島を抜くことが出来る能力を持っているのではないかと思います。

現在、太田は鎌ヶ谷で日々トレーニングに励んでいます。残念ながら中島が絶対的な遊撃手レギュラーとして定着していることもあり1軍で公式戦の出場経験はありません。2016年シーズン4月末時点でのファームの成績ですが、打席数99で打率.245の本塁打1本とまずまずの成績を残し1軍へ猛アピールをしています。出場機会は少ないかもしれませんが、少ないチャンスを物にできるだけの力は着実についてきていると感じさせますね。

 

➌雑草魂を胸に秘め、努力の日々

ファイターズは控えの内野手が少ない状況です。その中でセカンド、ショート、サードを守ることが出来る太田はとても貴重であり、重要な選手であります。

しかしながらまだ1軍へ定着できないのは、実践経験と守備力が不足していると考えられます。そこさえ乗り越えることが出来れば1軍招集も近いはず、同期の淺間はルーキーイヤーの昨年活躍していましたし、太田にもぜひ若さ溢れるプレーで札幌ドームのファンを沸かせてほしいです。

ドラフト巧者で育成力に定評があるファイターズに入団したことは幸運であり、これからも多くのチャンスと実践機会を与えられることでしょう。

無名の選手からスター選手へ。

太田賢吾の底から這い上がる雑草魂を胸に秘めたレギュラー奪取のプロ野球人生は始まったばかりです、今後の飛躍に期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ロッテ 東條
  2. 0425sugano-001
  3. 阪神 榎田
  4. 日ハム 上原
  5. 楽天 藤平1
  6. 広島 戸田
  7. 150227_06
  8. 52d2b82e
  9. 131028_12
  10. dQzpfXCQyLE7JKWS_L_RXAYlmUhpKzWlZxDGjJUpduBa_nlGKm--Mm7z-xIi7-2xCFK73YPGv3E2Cs7wnH2TozWGarZKNBvduRQwpe6mqR71eT1yySikmVXDxls_WXopaDn8tfnKfX9b=w461-h319-nc

最近の記事

  1. ロッテ佐々木
    2016年ドラフトの目玉となった田中正義(創価大→ソフトバンク)と並び高い評価を受けていた佐々木千隼…
  2. 楽天 藤平1
    2016年ドラフトの一つのキーワードとなった「高校BIG4」。その面々は寺島成輝(履正社→ヤ…
  3. 巨人 吉川2
    「球界の盟主」と呼ばれる巨人。この日本のプロ野球で最も注目される人気球団が2016年ドラフト…
  4. ソフト田中3
    やはり主役はこの男だった…。創価大 田中正義が注目を集めてからは12球団で競合とまで言われ、…
  5. 濱口1
    【2016年シーズン、セントラルリーグ3位】このAクラス入りが示す意味はとても大きい。…
  6. 東都大学野球春季リーグ
慶應-法政
加藤拓也投手
    広島カープ25年ぶりの優勝の勢いのまま真向から挑んだドラフトだった。結果は、1回目の…
  7. 阪神 大山
    「阪神タイガース第一回選択希望選手」「・・・」「大山悠輔」2016年10月2…
  8. 横浜 綾部
    茨城県取手市出身の綾部翔(あやべ かける)投手は、1997年4月25日生まれの19歳。身長1…
  9. オリックス 森本
    福井県坂井市出身の森本将太(もりもと しょうた)投手は、4歳上の兄の影響を受けて、小学校3年…
  10. 阪神 上本
    広島県出身、中学は軟式野球クラブの松永ヤンキースに所属。広陵高校時代は1年生の夏から4季連続…

カテゴリー

ページ上部へ戻る