プロ野球Players.com

【日ハム 大塚 豊の気になるこれから】ドラフト2位の入団から見る年俸と現状、活躍するには変化球がカギ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大塚豊選手は、2009年にドラフト2位でプロ入りした日本ハムファイターズのピッチャーです。
チーム屈指の技巧派右腕として知られ、昨季は自己最多の14試合に登板して存在感をアピール。
今季もさらに実績を残して一軍定着を狙います。

 

多彩な変化球が持ち味!

大塚豊選手は、ストレートこそ最速で144kmですが、多彩な変化球を投げられることが持ち味です。
独自に編み出したという三種類のフォークボールをはじめ、カーブ、スライダー、チェンジアップ、シュートなどを投げることができますが、いずれもキレがあります。
特にフォークボールには絶対的な自信を持っているようで、本人自ら「(フォークは)過去最高8球連続だが何球でも続けられる」と語っています。
この一言からも、根っからの変化球ピッチャーといっていいでしょう。

 

年俸は今までの活躍に比例して…

大塚選手の年俸の推移は、いたって平凡であるといっていいでしょう。
プロ入りしてまだ10年未満ということもありますが、1000万の大台はまだ一度もなく、900万前後を小幅に値動きする形で推移しています。
大塚選手の年俸的な目標でいえば、今後はまず1000万円の大台に乗せること、そして5000万を突破して、ゆくゆくは1億円台を目指して欲しいです。

年棒アップするにはやはり一軍に定着することが最初の課題となり、そして先発あるいはリリーフで安定した成績を残しタイトル争いをするような活躍が求められます。

課題はまずは実績を残すこと

ドラフト2位で日本ハムに入団した大塚選手は、その野球センスについては申し分ありません。
当然のことですが、とにかく1軍での登板数を増やしそこで結果を残すこと、これが飛躍の鍵となります。

期待のドラフト2位ですが、大卒ですので年齢的にも与えられるチャンスは決して多くはありません。アマチュア時代に高い評価を得た変化球を武器に改めて自分の特徴をアピールして、ここ数年常に上位争いをしている日ハムのぶ厚い投手陣に食い込んでほしいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る