プロ野球Players.com

日本ハムドラフト5位 瀬川隼郎 イクメンのオールドルーキーが間違いなくファンに愛される理由とは? 【背番号46】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本ハムファイターズ に今季から加入したルーキー、瀬川隼郎投手を紹介します。

まずは経歴ですが、北海道の古豪、北海高校時代は1年秋からエースとして活躍しますが、甲子園出場には至りませんでした。

その後、地元の室蘭シャークスというクラブチームに入団。社会人生活をしながら野球を続け、2007年と2013年の都市対抗にJR北海道の補強選手として出場します。

そこで、プロから注目される投球を披露し、2014年ドラフト5位で日本ハムファイターズより指名、入団となりました。

年齢も高く、即戦力としての呼び声高い瀬川投手はどんな投手なのでしょうか。

1.ピッチングスタイルと特徴

左スリークォーターから最速148キロの直球とスライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットを投げ分けます。特筆すべきは直球とスライダーのコンビネーションで、左打者はもちろんのこと右打者に対してもインコースへの直球で強気に勝負できる投手です。

肩関節の可動域が広いことから、球の出どころが見難いという特徴もあって、打者は球速以上の威力を感じると思います。

2.求められる役割、ポジションは?

今年のファイターズ投手陣はかなりフレッシュな顔ぶれになることが予想されます。

特に先発ローテーションを担うであろう、大谷、上沢、浦野、中村勝、は皆20代前半です。瀬川投手は先発リリーフどちらでもいけるとのことですが、おそらく即戦力の中継ぎとして期待されているのではないでしょうか。

左腕でリリーフということは宮西投手とポジションが被ってしまいますが、宮西投手は不動のセットアッパーですので左右関係なく起用されています。

瀬川投手はまずは左打者を抑えるワンポイント的役割をこなしていってほしいと思います。

宮西投手はFA移籍も噂されていますので、その後釜として間違いなく期待されているので、まずは信頼を勝ち取る投球を見せてもらいたいです。

3.地元ファンに愛される投手へ

高卒10年目にやっと指名された苦労人でもあり、これまでの道のりは決して平坦ではなかったとのことです。

早くに母親を亡くし、父親が男手一つで育て、ようやくのプロ入りし、しかも結婚して現在は、1児のパパでもあります。

趣味は『子育て』という人柄、そして地元の北海道の選手として、ファイターズファンに愛される選手になるのではないでしょうか。

守るべきものがある人間の強さ、イクメンルーキーの勇姿を、札幌ドームで早く観せて欲しいです、一年目から勝負の瀬川投手に注目しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る