プロ野球Players.com

屈辱をバネに!日ハム 上原健太「沖縄生まれ天然大型左腕」の挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

北海道日本ハムファイターズに2015年のドラフト1位で入団した明治大学出身、上原健太。彼は沖縄県うるま市に生まれ、中学校まで沖縄で過ごした。野球と出会ったのは、小学校の頃でそこからずっと投手として歩みを進めてきました。高校は広島県の広陵高校で、同じ球団の先輩としては有原航平や吉川光夫、引退した稲田直人がいます。そこから明治大学へ進学し、見事プロの世界へ入ることができました。ちなみに、同じ明治大学出身の選手と言えば、岡大海や広島東洋カープの上本崇司がいます。ちなみに上本は広陵高校出身ですので、完全な先輩となります。

 

➊沖縄生まれの天然素材

上原の体は同じチームの大谷翔平に匹敵するほど、恵まれた体格を有しています。といいますのも、身長がまず190cmで体重が85kgと、193cmで100kgの大谷と大差がないのです。少々身が軽い気もしますが、プロの世界で練習すれば自ずと体重は増えていくでしょう。ですが身長は伸ばしようがないので、まさしく沖縄の恵まれた環境で育てられた素晴らしい素材だと思います。

彼の体格の素晴らしい身体能力は、その投球にももちろん生かされています。彼の投球フォームは左投げのワインドアップ。かなり腕が長く、振りかぶればかなり角度がつきMAX151キロのストレートをキャッチャーミットに叩き込みます。また現在持っている変化球は、スライダー・スクリュー・カーブ・フォーク・チェンジアップ・シュートと多彩で、身体能力が高くのびしろがあり先発向きと言えるのではないでしょうか。ただ先発経験が少ないため、努力は必要になりますが。

もちろん体が恵まれているだけではなく結果も出していて、大学1年の春にはレギュラーとして既にマウンドに立ち、3勝をあげると、最優秀防御率のタイトルも取りました。また2015年7月には日本代表入りを果たし、ユニバーシアード夏季大会に出場しさらなる経験を積みました。ただ、4年の秋季大会で明治大学の38度目の優勝に王手をかけた試合では、2回2/3で7失点してしまうなど若干メンタルが弱い部分もあるかもしれません。

また、顔立ちも良く2015年のファイターズファンフェスタの際に上原が語ったエピソードとしては「今まで3回モデルにスカウトされた」や「新宿を歩けば必ずホストにならないか?と声を掛けられる」という事が。さらに同イベントでは上手いと評判の歌声も披露し、まったく隙がありません。なので、すでにファイターズ女子達は色めき立っていて札幌ドームでの登板を今か今かと待ち望んでいます。

 

➋屈辱にまみれた紅白戦

恵まれた身体能力、端正な顔立ち、はたまた美声まで持ち合わせている上原だったが入団早々に早速プロの厳しさを知ることとなってしまいました。

アリゾナから帰ってきたチームは、2月17日から沖縄県で春季キャンプを再開しました。そして国頭のくにがみ球場にて2月20日紅白戦が行われ、上原は初めてプロ相手にマウンドに立つことになった。上原の登場にスタンドで観戦していたファンは拍手喝采。その期待に応えるべく、プロの第一歩を踏み出した上原だったが、結果は散々なものとなってしまいました。

上原は初回、なんと打者11人に対して、1アウトしか取ることができず8失点もしてしまうのです。さらに1アウト1,3塁の場面で厚澤コーチが上原の下へ。ベンチへ上原が戻ったと同時に強制的に初回の守備を終了させたのです。栗山監督は「上原に2回も投げさせたかったので」「風も含めて守ってやりたかった、不運な部分もあった」と言っていましたが、このことは上原にとって耐えがたい屈辱であり、また自分の不甲斐なさに愕然とするばかりでした。栗山監督の希望通り、2回も登板した上原は1安打無失点となんとか抑えることができた。吉井コーチらに慰められた上原だったが、その時は頭は真っ白で何も考えられなかったでしょう。彼にとっては苦い初登板でもあり、良い経験となりました。

さらにオープン戦に出場することもできず、同期入団で同じ投手のポジションを争う加藤貴之、井口和朋が一軍に帯同するなど日を追う毎に「持って生まれたものだけでは成功できない」ということを、実感させるものとなっていくのでした。

これは自分の分析ですが、明治大学の優勝が掛かった試合でもワーストの失点をしていた彼にはメンタルトレーニングが必要なのかもしれません。プロの世界で生き抜くためにはマウンド度胸は必須です。加藤や井口が1軍にいる、ということは彼らにあって上原に無いものを探しそれを磨いていくのが必要かと思います。

 

➌ドラ1のプライド、1軍を目指して

今上原は同期が活躍するのを横目にファームで着々と腕を磨いている。今の時点で3試合5回を投げて自責点2防御率3.60とまずまず。しかし、同期入団の吉田侑樹が5試合投げて2勝1敗防御率2.63と好成績を残しているため決して油断はできない。

昨年は日ハムのドラ1ルーキー有原航平が見事新人王のタイトルを獲得した。まだまだシーズンは始まったばかりで望みはあります。いつどんなチャンスが巡ってくるかわかりません。ぜひ明治大学の星、上原健太には新人王を獲得してもらい、2年連続で日ハムのルーキーが新人王を獲れるように邁進してもらいたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:84点 ■■■※100~90点:ドラフト1位候補 89~8…
  2. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:84点 ■■■※100~90点:ドラフト1位候補 89~8…
  3. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:76点 ■■■※100~90点:ドラフト1位候補 89~8…
  4. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:88点 ■■■※100~90点:ドラフト1位候補 89~8…
  5. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:84点 ■■■※100~90点:ドラフト1位候補 89~8…
  6. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:84点 ■■■※100~90点:ドラフト1位候補 89~8…
  7. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:84点 ■■■100~90点:ドラフト1位候補 89~80点:…
  8. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:92点 ■■■※100~90点:ドラフト1位候補 89~8…
  9. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:92点 ■■■100~90点:ドラフト1位候補 89~80…
  10. ➊ドラフト通信簿■■■ 総合:96点 ■■■100~90点:ドラフト1位候補 89~80…

カテゴリー

ページ上部へ戻る