プロ野球Players.com

【2018ドラフト候補】稀少な打てる捕手 野村大樹(早稲田実)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

➊ドラフト通信簿

■■■ 総合:84点 ■■■
100~90点:ドラフト1位候補 89~80点:ドラフト上位候補79~70点:ドラフト中・下位候補 69点以下:ドラフトの可能性あり
1.実  績 ★★★★(4)
2.プロ注目度 ★★★★(4)
3.ポテンシャル ★★★★★(4)
4.野球頭脳 ★★★★(4)
5.能  力 ★★★★★(5)

偉大なスーパースター清宮幸太郎(現日本ハム)の一学年下で、名門早稲田実の四番を務める強打者。

魅力は広角に打ち分けるバッティング技術、甘い球を逃さない集中力だ。ただ、野村の最大の魅力は目に見えにくい精神面の強さにある。

旧チーム(清宮時代)から全国の舞台を経験したことで、プレッシャーを楽しんでいるかのような試合中の表情や集中力は高校生レベルでは突出している。

ただ、捕手としての守備はまだ成長途中で課題はある。しかし、プロでも絶滅危惧種とも言われる「打てる捕手」になれる可能性を秘めていることは間違いない。

 

➋プロフィール

出身地:神奈川県横浜市
生年月日:2000年9月10日
身長・体重:172cm 81kg
投打:右投右打
主な球歴:大阪福島シニア
高校実績:17年春出場

➌プロでのイメージは誰だ⁉

体格が小柄な部類に入る野村とイメージが重なるのが、高卒でレギュラーを早々に掴んだ田村龍弘(ロッテ)だ。

田村も高校時代(八戸学院光星)は三年時から捕手に転向した。ただ、最大の魅力はバッティングで甲子園でホームランも放ち、チームの三期連続甲子園準Vに貢献している。

野村もプロ入り後はレベルの違いに苦労することが想像されるが、持ち前のプレッシャーを感じさせない精神力、打てる捕手としてチームを支えるプレイヤーになって欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 2018年ドラフトにおいて、高校生捕手№1と呼ばれているのが益子京右(ましこきょうすけ)だ。…
  2. 187センチ、83キロの体格と長い手足が創る美しいシルエット。泉圭輔(いずみけいすけ)はピッ…
  3. まさに走攻守三拍子揃った外野手が小郷裕哉(おごうゆうや)だ。全てにおいて高次元の能力を持つの…
  4. 中学時代にストレートが140キロに達し、投打両面で注目される存在だった正随 優弥(しょうずいゆうや)…
  5. 田宮裕涼(たみやゆあ)は現代の新しいキャッチャー像を追い求めれる素質の持ち主だ。小柄な体とは…
  6. 川原陸(かわはらりく)の最大の特徴は185センチの恵まれた体格ではない。長身からゆったりとし…
  7. 190センチを超える体格、そして「松井」という名前から「九州のゴジラ」と称された左のスラッガーが松井…
  8. 数々の名選手をプロへ送り出した名門から最後のドラフト指名となる可能性が高い。2016年から休…
  9. 身長が191センチあり、将来生と素材は一級品と早い時期からスカウトより高い評価を受けていた。…
  10. 富士大では1年春からリーグ戦に出場し、4年間で積み上げたホームランは20本を数える。豪快なフ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る