プロ野球Players.com

~気になるプロ野球選手の『ちょっと知りたい』をお届けするプロ野球情報サイトです~

175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実績を挙げてきたのが久保拓真(くぼたくま)だ。先発、中継ぎ、抑えとあらゆる起用法にも応えてきた万能型サウスポーはプロでも活躍の場を手に…

「大型左腕」という表現が実にしっくりくる。183センチ90キロの重量感溢れる体を目一杯使ったフォームから最速145キロのパワーストレートを投げ込むのが垣越建伸(かきごしけんしん)だ。➊アマ時代のプレー動画…

2018年ドラフトにおいて、高校生捕手№1と呼ばれているのが益子京右(ましこきょうすけ)だ。捕手を評価するうえで最上級の表現である「強肩強打」が代名詞となっている。二塁送球が最速で1秒72を記録し、打っては高校通算23本のホ…

187センチ、83キロの体格と長い手足が創る美しいシルエット。泉圭輔(いずみけいすけ)はピッチャーをするために生まれたような男だ。高校時代、大学時代と全国での実績は無く、無名の存在だが地元石川県でコツコツと経験と実績を重ね、…

まさに走攻守三拍子揃った外野手が小郷裕哉(おごうゆうや)だ。全てにおいて高次元の能力を持つのが最大の魅力で、50mを5.8秒で駆ける俊足、遠投は110mを記録し、高校時代から高い評価を得ていたバッティングも大学で更にレベルアップした…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

最新の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…

カテゴリー

ページ上部へ戻る