プロ野球Players.com

〔楽天:福田将儀物語〕2代目マー君は俊足自慢の新ムードメーカー【楽天ゴールデンイーグルス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

千葉・習志野高校では1年夏から中堅手のレギュラーとなり、秋には関東大会で準優勝し2年春の選抜で甲子園に出場、2試合で本塁打を含む3安打を放ちました。

3年春にも千葉県大会優勝、関東大会準優勝を達成しましたが、夏はベスト4で敗退となってしまいました。

中央大学進学後は1年春から中堅手レギュラーとしてリーグ戦に出場、2年秋と4年秋の2度ベストナインに輝き、2014年のドラフト会議でゴールデンイーグルスから3位指名を受けて入団しました。

2代目マー君襲名なるか?

ゴールデンイーグルスのマー君と言えば、現在はメジャーの舞台で活躍する田中将大選手(ヤンキース)ですが、福田選手も「将儀」という名前から幼い時は「マー君」と呼ばれていたそうです。

シーズン24連勝でチームを初のリーグ優勝・日本一に導くなど「先代」があまりにも偉大すぎるために、同じ愛称で呼ばれることに「格が違う」と今のところは困惑しています。

しかし、福田選手の活躍によってイーグルスが再び大躍進することが出来れば、イーグルスのマー君=福田将儀となることでしょう。

 

ナンバ走りを取り入れ陸上大会で1位!

福田選手の持ち味はなんと言っても50m6秒ジャストの脚力で、本人も小さい時から「徒競走では負けたことが無い」と語っています。

中学2年時に腰を痛めたことからかつて飛脚がしていたと言われるナンバ走りの練習を取り入れ俊足に一層の磨きがかかり、中学3年時に参加した地元・千葉県山武市の陸上大会で100m10秒83を記録して年上の参加者たちを押し退けて成人の部1位となりました。

プロ入り後に計測された30m走でチームトップを記録しており、広い球場をホームにしているチームも多いため、その脚力はプロでも大きな武器になるに違いありません。

 

新人宴会部長!

大学時代はあまり声を出さないタイプだったようですが、「声を出した方が楽しく、身体も動く」ということからプロ入りをきっかけに意識を変え、新人合同自主トレでは積極的に大きな声を出して周囲を鼓舞していました。

「プロは見られてナンボ」と全身蛍光色の練習着を身に付けるなど見られることを意識して、服装にもこだわりを感じさせました。

即戦力としてのプレッシャーを感じており、これらの派手な言動によって自らを奮い立たせているのかもしれません。

 

壁は厚いが・・・

キャンプでは1軍スタートとなり、練習試合やオープン戦でも積極的に起用されておりそれなりの結果も残しています。

イーグルスの外野陣は内野からコンバートされた松井稼頭央選手や実績のある聖澤諒選手、岡島豪郎選手など層が厚く、即戦力と期待されているとはいえ新人がすぐにレギュラーとなれるほど甘くはありません。

脚力だけでなく、広い守備範囲と強肩も持ち味ですので、代走や守備固めなど少なからずチャンスはあり、そのチャンスを掴めば一気にブレイクする可能性は高いと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る