プロ野球Players.com

半身浴が日課の「タンメン」こと楽天 西宮悠介は漫画がバイブル?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

茨城・佐野日本大学高校時代は1年秋からベンチ入りし2年秋からはエースを務めましたが、最高成績は茨城県大会ベスト4、関東大会1回戦であり甲子園出場の経験はありません。

横浜商科大学進学後は1年春から主にリリーフとしてリーグ戦に登板し、新人賞を受賞します。

2年以降は主に先発として起用されて通算20勝を挙げ、世界選手権や3年生以下の大学日本代表候補にも名を連ねました。

2013年ドラフト5位でゴールデンイーグルスに入団、1年目はチームの新人としては唯一開幕1軍入りを果たし、中継ぎとして46試合に登板しプロ入り初勝利も記録しました。

あだ名の由来は「おめぇに食わせるタンメンはねぇ」

顔がお笑い芸人・次長課長の河本準一さんに似ており、チームメイトからは河本さんの持ちネタ「おめぇに食わせるタンメンはねぇ」から「タンメン」の愛称で呼ばれているそうです。

2014年8月に行われたイベントで河本さんと共演して2人でタンメンの決めポーズも披露、本家から「タンメンやる時の顔が似ている」と太鼓判を押されました。

オフに出演したTV番組などでも決めポーズを披露したり、ゆくゆくは球場のメニューとして「タンメンを出したい」と語ったりしていますが、本人は生まれてから一度もタンメンを食べたことが無いそうです。

 

疲労回復に半身浴♪

1年目に開幕1軍入りを果たしてリリーフでの起用が決まった時に、先輩・小山伸一郎選手から「1ヶ月もたないぞ」と言われ、リリーフがいかにタフな役割を要求されるかを教えられたそうです。

そこで疲労を少しでも和らげるために朝晩30分の半身浴とストレッチを続け、シーズン後半に少し調子を落したものの1年間故障することなく乗り切りました。

シーズン終了後も半身浴とストレッチを続けているようで、2015年も中継ぎとしてフル回転が期待出来そうです。

 

漫画で変化球習得?

西宮選手の武器と言えばスライダーとスプリットですが、このスプリットは大学の時に習得しました。

大学2年時にスライダーを狙い打たれるようになり、新しい変化球ということでスプリットをコーチやチームメイトに教えてもらったのではなく、なんと大人気高校野球漫画「ダイヤのA」を読み込んで、握りや投げ方を参考にして自分のものにしたそうです。

当然、その後試行錯誤することになりますが、変化球の教科書が漫画というのは、まさに「漫画の世界の話」のようで驚きました。

 

2015年『新中継ぎエースへ』

2014年のシーズン後半に調子を落とし、秋季練習でも蓄積疲労からノースロー調整となり心配されましたが、2015年に入りキャンプ・オープン戦と順調に過ごし無事開幕1軍入りを果たしました。

2014年は登板数こそ多かったものの比較的楽な場面での登板が多く、2015年は勝ちパターンや接戦での起用も増えると思われます。

勝利の方程式の一角となり、西宮→松井裕という左腕リレーが多く見られることを期待したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る