プロ野球Players.com

楽天イーグルス 則本昂大 楽天のエースから侍ジャパンのエースへの挑戦が始まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

楽天のエースといえば田中将大投手移籍後は、やはり則本昂大投手です。
則本投手は八幡商業(滋賀)から三重中京大学に進み、2012年のドラフトで楽天から2位指名を受け入団。

1年目から田中投手と二本柱として優勝に導く活躍を見せました。そして今や所属チームのみならず侍ジャパンでもエース級の活躍を見せており、実際に先日行われた日米野球ではノーヒットノーランリレーの先発として5回を6奪三振、しかも一人のランナーも許さないパーフェクトピッチングを見せてくれました。
小久保監督は前田健太投手をエースとして指名していますが、来年にもメジャー挑戦が噂されていることもあり、今後のWBCなど侍ジャパンに招集される可能性が高くなってきました。

1.開幕投手は確定、どんなピッチングを見せてくれるのか

昨季、田中将大投手が抜けた楽天の中で、エースとして期待された則本投手は当然のように開幕投手を努め、シーズンを通して活躍。

2年目のジンクスなど全く感じさせませんでした。最終的に14勝(10敗)と二年連続の二桁勝利、投球回数は200イニング超え、防御率も一昨年よりも改善し3,02と素晴らしくい成績を残しました。
特筆すべきはシーズン7完封で、完投も9と共にリーグ最多、チームへの貢献度は計り知れません。そんな中、今季も順調に調整が進んでいるようで既に開幕投手は確定しています。
新球のシンカーも試しているようで、新たな武器が加わることによってさらなる進化を遂げ、飛躍が期待されます。

 

2.ジャパンのエースになる日も近い

侍ジャパンのエースは現在前田健太投手です。これは小久保監督も明言していることなので動かしようのない事実なのですが、2年後に開催されるWBCでも今と同じ状況とは限りません。

むしろ新旧交代も進んでいるのではないかと思います。若手で次期エースと言われている大谷投手や藤浪投手などいますが、2年後ではまだ少し若い気もします。則本投手は大卒なので26歳と最も脂が乗っている次期です。

現在でも風格はたっぷりですが、今季と来季の活躍によってはジャパンのエースになっているでしょう。

 

3.真のエース、田中将大を目指して

楽天が優勝した一昨年、田中将大投手と則本昂大投手の二本柱がチームを支えました。
しかし、田中将大投手がいなくなった昨年、楽天は一気に最下位に沈んでしまいました。則本投手個人としては良い成績を残したものの、非常に悔しい思いをしたのではないでしょうか。
ただ、真のエースの役割とは個人の成績だけではなくチームを勝利そして優勝へ導くことです。1年目の田中投手はまさに真のエースとして、獅子奮迅の活躍をしてチームを優勝に導きました。その姿を間近で見てきた則本投手だからこそ、何が必要かがわかることが多くあるはずです。

多くのファンが期待しています、則本投手が再び2013年の奇跡を再現することを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る