プロ野球Players.com

楽天ドラフト4位 ルシアノ・フェルナンド 羽ばたけブラジルの野球伝道師【背番号51】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1992年4月13日生
175㎝ 79㎏ (右投げ 右打ち)

ブラジル出身曽祖母が日本人の日経ブラジル人4世5歳の時に群馬県太田市に移住し、桐生第一高校から白鴎大を経てドラフト4位で東北楽天ゴールデンイーグルス入団した強肩強打の外野手です。

1.野球との出合い

現在ではブラジルの公用語であるポルトガル語の他、日本語、英語、スペイン語の計4か国語を話すことが出来るというフェルナン選手。しかし、5歳で日本に移住して来た時はポルトガル語しか話せなかったそうです。当初は日本の言葉や文化にずいぶん戸惑いもあったとか。そんなフェルナンド選手が野球に出会ったのは小学校4年生の時。「あいさつや態度などの日本文化は野球を通じて覚えた。野球のおかげで溶け込めた。」と振り返ります。そう、フェルナンド選手はブラジル生まれ日本育ちのスラッガーなのです。

2.ホームランへの強い想い

小学校4年生で野球に出会い、フェルナンド選手を夢中にさせたのは、ホームランを打った時の快感でした。
中、高、大学とすべてのチームで4番を打った生粋の長距離砲です。白鴎大では、2年秋に首位打者、4年春は打点王とホームラン王、ベストナインに輝きました。「(ヤクルトの)バレンティン選手のシーズン本塁打記録(60本)を破りたい」とドラフト指名後、力強く宣言しました。

地球の裏側、祖国ブラジルまで鳴り響くような本塁打記録を打ち立ててもらいたいですね。

3.WBC、そしてブラジルへの想い

「自分の体に流れるブラジル人の血に誇りを持っている」というフェルナンド選手。プロ入り後のもう一つの大きな目標は「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)でブラジル代表の4番に座る」ことです。ブラジルといえば、言わずと知れたサッカー大国。しかし第3回WBC第1ラウンドでは惜しくも逆転で敗れたものの、侍ジャパン相手に終盤までリードを保ちあわやと思わせる試合を見せました。

2017年の第4回大会でフェルナンド選手がブラジル代表の4番の座を勝ち取り、侍ジャパンの前に立ちはだかるのか?今から楽しみです。

~祖国ブラジルの野球伝道師へ~

野球というスポーツは、世界的にはまだまだマイナーなスポーツです。ブラジルで生まれ、日本で育ったフェルナンド選手。持前の長打力に磨きをかけて、祖国ブラジルの野球人気に火をつける活躍で地球をまたいだ野球の伝道師になって欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る