プロ野球Players.com

楽天イーグルス 日本一奪回へ!優勝のカギを握るのは、嶋基宏の〝人柄〟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1984年12月13日生
179㎝ 82㎏ 右投げ 右打ち
岐阜県出身

中京大中京高、國學院大學を経て2006年大学・社会人ドラフト3巡目で楽天に入団。

ベストナインを2回、ゴールデングラブ賞を2回受賞するなど、球界を代表するキャッチャーです。また、日本プロ野球選手会会長でもあります。

1.【2013年の初優勝】嶋のリードに隠された〝準備野球〟という考え

創設9年目にして初の優勝を決めた2013年。
エース・田中将大投手の活躍は、大きな原動力となりました。しかし、それを支え続けていた嶋選手も忘れてはいけません。

楽天へ入団当初、野村克也監督から「ノムラの考え」たるものをたたき込まれておりました。それは世間一般で噂されている〝ID野球〟ではなく、〝準備野球〟というものです。

あらゆる状況に備えてしっかり準備をする。これは古田敦也元選手や矢野耀大元選手を育てた際と同じ方法であり、この考えをものにした嶋選手だからこそ、若手が多い投手陣をまとめ、勝利に導くリードが生まれたのでしょう。

2.選手会会長、そして侍ジャパンのキャプテンへ

チームとして、なくてはならない存在となった嶋選手。キャッチャーは扇の要であり、若い投手陣をリードしていくだけではなく、守備全体も引っ張っております。

そんな嶋選手が、2012年、第8代日本プロ野球選手会会長に就任しました。また、2014年に行われました「2014 SUZUKI 日米野球」では、メンバーに選ばれただけではなく、キャプテンとしてチームをまとめました。

2015年は楽天の新キャプテンになりましたが、チームとしてだけではなく、球界にとっても欠かせない存在になっているに違いありません。

3.名言から垣間見ることができる人柄

『見せましょう 野球の底力を』

この言葉は、嶋選手が2011年4月2日に東日本大震災の復興支援のために行われた慈善試合の前にスピーチした際の言葉です。

2011年の流行語大賞の候補としてノミネートもされており、野球ファン以外の人も一度は耳にしたことがあるはずです。このスピーチは当初、日本野球機構から内容を受け取っており、それを読むというものだったのですが、内容に満足できなかった嶋選手が、自分の言葉に変え、スピーチを行いました。

「底力」という言葉を選び、被災地の方々をはじめ多くの国民にメッセージを届けたところも、嶋選手ならではの魅力であり、チーム内外問わず、他の選手らが頼ろうとする要因でもあります。

~もう一度優勝、そして日本一へ~

昨シーズン取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを明言した嶋選手。

「8年間、いろんな方にお世話になった恩を返せていない。昨日(ソフトバンクが)日本一になったシーンを見て、今のチームメート、ファンの皆さんと、もう1回、優勝を味わいたいとあらためて思いました」と理由を話しております。

能力値だけでなく、彼の考え方や人柄こそが、若い選手が多い楽天をもう一度優勝へ導くカギとなるのかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る