プロ野球Players.com

西武ライオンズ 秋山翔吾 トップバッターの成績がチーム浮上の鍵となる理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋山選手の経歴ですが、横浜創学館高校時代から甲子園出場は無かったものの、プロから注目されていました。

しかし、プロ入りはせず八戸大学に進学、一年春からレギュラーを掴み春秋連続でベストナインに選出。順調に成長し2010年にドラフト3巡目で西武ライオンズから指名を受け、プロの世界に足を踏み入れます。

プロ入り後も、新人ながら開幕スタメンを勝ち取ったり、侍ジャパンにも選出されたりと実績を重ねていますが、昨年は怪我もあって思うような成績を残せませんでした。

シーズン通じた活躍が期待される今年は、チームの命運を握っていると言っても過言ではありません。

1.魅力的なアスリート系スタイル

秋山選手は何と言っても走攻守全てにおいてハイレベルな選手で、高い身体能力に裏付けられたダイナミックなプレーが魅力です。

特筆すべきは守備面で、広い守備範囲と強肩を持ち合わせて球界を代表するセンターと言っても言い過ぎではないと思います。

また、走力も高く一塁到達3.88秒、ツボにはまったときの長打力も持っているということで一番打者として起用されるのではないか思います。

ただし、秋山選手のこれまでの傾向として、固め打ちも多いが不調になると抜けられなくなるという声も多く、打撃面での安定感が課題になるでしょう。

2.求められるとても重要な役割

これまでのオープン戦でも一番打者として起用されており、このままシーズンに入っていくと思われます。

ライオンズといえばメヒア、中村という昨年の本塁打王を分けあった二人がクリーンナップに君臨しており、その二人の前にランナーをいかに貯めておくかが課題にあげられます。

まさに、秋山選手が一番打者として多くの出塁をし、チャンスメークすることが、そのままチームの得点力アップにつながり、上位浮上の鍵となっていることは間違いないでしょう。

3.レジェンド『秋山』超えに挑戦

西武ライオンズの秋山と言えば、前ソフトバンクホークス監督の秋山幸二さんを思い浮かべる人もまだまだ多いと思います。

走攻守三拍子揃った、しかも身体能力抜群で長打力も兼ね備えているということから比べられることも多いですが、秋山翔吾選手も秋山幸二さんが達成したトリプルスリーが可能な選手です。

レジェンドとの比較は相当なプレッシャーになると思います。しかし、このプレッシャーを乗り越えなければ秋山選手の未来も西武ライオンズの明るい未来は決して、やってこないでしょう。

今年のチーム浮上のためにはもちろんのこと、西武黄金時代が再び訪れるためには秋山翔吾選手の活躍が不可欠です。

現時点で、オープン戦首位打者という好調ぶりからも、今季は間違いなく期待していいと思います。

西武には、やはり『秋山』が似合います。

新たな秋山の歴史を刻むために、今期の活躍に期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る