プロ野球Players.com

西武ライオンズ 郭俊麟は台湾人でも今年のパ・リーグ新人王候補No.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NPBではこれまでも多くの台湾出身選手が活躍してきました。

特に印象が強いのはやはり郭泰源投手(元西武ライオンズ)郭源治投手(元中日ドラゴンズ)でしょう。

今年も台湾球界から一人、しかも郭俊麟(かく しゅんりん)というレジェンドを彷彿させるような名前の選手が入ってきます。

まずは経歴ですが、この郭俊麟投手、台湾ではプロ野球に属していませんでした。ですので外国人選手扱いながら、新人王の権利を持っているという少し異色なものがあります。

台湾では国際大会の代表に何度も選ばれ、経験豊富な投手です。特に先日行われた第一回U21野球ワールドカップにも参加し、日本の前に立ちはだかりました。決勝でもこの郭俊麟投手が投げ、見事に勝利投手、大会MVPを獲得しました。

この台湾人投手はどんな投手なのでしょうか。

1.郭俊麟投手の特徴

身長175センチと決して恵まれた体格ではないものの、最速153キロの直球を投げ込みます。チェンジアップやフォークといった球種も持っており、これまでの実戦でも緩急を使った投球が出来る投手のようです。この辺りは豊富な経験に裏打ちされたものでクレバーな投球が期待できます。

課題は制球力という評価が多く聞かれますが、これまでの登板を見ても、そこまでコントロールが悪そうには見えません。確かに与四死球の数は多いですが、コースにはきっちり投げ分けることができており、判定によってどちらとも取れるような球が多いので問題無さそうです。

2.ライオンズでどんな役割を担うのか?

郭俊麟投手はこれまでのキャンプやオープン戦を見ても先発として期待されているでしょう。西武ライオンズの今年予想されるローテーション投手は岸投手、牧田投手を中心として野上投手までは確定していますが、期待の菊池雄星投手や十亀投手が未だ確定できていないため、郭俊麟投手にはこの後に続くローテーション投手として計算に入っているかもしれません。

非常に重要な位置になりますが、これまずの経験も含めての判断だと思いますし、今年から新加入ですので純粋にプラス要因にしかなりません。上位進出の鍵になることは間違いないでしょう。

3.ジャパニーズドリームを叶えろ

チーム躍進の鍵を握っていると同時に、現時点でローテーション投手として数えられている時点で、新人王にも一番近い位置にいることは間違いないでしょう。

また、外国国籍の選手ですのでチャンスを多く与えられるのも郭投手にとって大きなアドバンテージになるでしょう。

母国を離れ、ジャパニーズドリームを夢見る若き挑戦者は何か人を惹き付ける魅力を感じます。

非常に魅力的で楽しみな選手ですし、若く伸びしろも感じられます、シーズンでの活躍に期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る