プロ野球Players.com

【2018年ドラフト名鑑】西武6位「最速152キロの小さな本格派」森脇 亮介投手(日大-セガサミー)動画付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キロを計測するストレートが最大の魅力だ。

愛する妻と二人の子を持つ26歳、念願のドラフト指名を受けたが今までの野球人生はプロ入りできるような華やかなものではなかった。

 

➊アマ時代のプレー動画

 

➋どんな選手?

塔南高校では1年からエースと活躍したが甲子園出場は無く、日本大学でも所属時はチームは二部に所属して脚光を浴びることはなかった。

セガサミー1年目から都市対抗・日本選手権を経験し、2016年都市対抗ではNTT東日本の補強選手として出場して代名詞となる最速152キロのストレートを投げ込みプロスカウトの注目を集める。

ドラフト指名にあたって、西武からは即戦力として期待するコメントがあった。また、高校野球で25年以上監督を務めた父からは「覚悟を持って悔いの残らないように頑張ってほしい」とエールを受けている。

プロ入りまで平坦な道のりではなかったが、守るべき存在や今まで支えてくれた多くの応援のためにもこれからの活躍に期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る