プロ野球Players.com

西武ライオンズ 日本人最高のホームランアーティスト 中村剛也が挑む今季二つの記録とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

現在日本人で最高の長距離砲といえば誰が思い浮かぶでしょう。

日本ハムの中田選手は侍ジャパンの4番として君臨していますが、長打力という点だけで言えば間違いなくこの選手でしょう。

西武ライオンズの中村剛也選手は今年歴代単独3位、6度目の本塁打王をかけてシーズンインします。

中村選手の経歴ですが、大阪桐蔭高校から2001年にドラフト2位で西武ライオンズに入団します。

長距離砲として期待され2008年に花開き、本塁打王を獲得。その後も着実に実績を重ねますが、圧巻だったのは2011年。統一球に苦しむ打者が多い中、2位に23本の差をつけて本塁打王を獲得します。

その時の48本塁打はロッテがチームとして放った46本よりも多く、いかにすごい記録だったのかがわかると思います。

1.中村選手の凄さ〔規定打席=本塁打王〕

まずは本塁打王ですが、過去に5度獲得しています。

現在31歳の中村選手ですが既に5度はすごい記録ですよね。しかしもっとすごいのは規定打席に達しているのも過去5度なんです。

つまり、規定打席に達することが出来れば本塁打王ということです。規定打席に達することができていない理由は怪我です。ここをしっかりケアしていくことが重要になってきます。

2.中村選手の凄さ〔本塁打率〕

そしてもう一つ達成するであろう記録、300本塁打です。

こちらもあと28本となっていて、怪我さえなければほぼ間違いなくクリアできるでしょう。

300本塁打自体は達成すれば歴代41人目(広島の新井選手より先に達成すれば)になり、これだけでもすごいことなんですが中村選手はまだ1000本安打を達成していないんです。

現在通算安打数は902本、もしかすると1000本安打よりも先に300本塁打を達成するかもしれません。

これは、歴代でも田淵幸一さんしか成し得ていない記録です。いかに本塁打を打つ技術に長けているかがわかる記録ですね。

3.平成のホームランアーティストとして

怪我さえなければ間違いなくホームラン王の大本命です。

しかも、争うのは昨年もホームラン王を分けあったチームメイトのメヒア選手になる可能性が高いです。

その他にも浅村選手や栗山選手、秋山選手など素晴らしい打者が続く打線はパ・リーグの中でも、とても破壊力がある強力な打線です。

このような強力な打線ではマークする打者が多くなり、相手の警戒心も散るので中村選手の本塁打が生まれるチャンスは多くなることが予想できます。

今年のパ・リーグを面白くしてくれそうな西武ライオンズですが、上位浮上そして優勝するには、中村選手がシーズン通じて活躍できるかにかかっています。

ライオンズファンいや、プロ野球ファンに平成のホームランアーティストが更なる高み、プロ野球の醍醐味である美しいホームランを数多く見せてくれるシーズンに期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る