プロ野球Players.com

「理想の先には常に杉内」西武 野田昇吾は鹿実先輩に続く「小さな大投手」への志しとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
西武 野田

鹿児島の鹿児島実業高校では1年夏から控え投手としてベンチ入りします。2年夏からは一転し、リリーフエースとして夏の予選4試合を無失点に抑える好投を披露し、同校の甲子園出場に大きく貢献しました。

2年秋には先発として九州大会優勝、神宮大会準優勝へと導きました。この秋の大会を通じて10戦連続完投勝利を収める活躍を見せています。翌年のセンバツでも3戦連続で完投し、15年ぶりのベスト8を記録しました。しかし、3年夏の予選ではベスト4止まりで最後に甲子園へ行くことは叶いませんでした。

その後は西濃運輸へと入社し、社会人1年目から社会人野球日本選手権大会にリリーフとして初登板を飾ります。都市対抗のデビューは肩痛なども重なったため4年の月日を要します。結果は1死も取れずに降板しますが、その後の日本選手権予選でリリーフとして活躍しました。そして、2015年ドラフト3位で西武入団を果たします。

 

➊小5から憧れ続ける“沢村賞左腕”との運命の出会い

その出会いは、野田投手が小学5年生の時でした。在学していた福岡県の糸島市立南風小学校で当時ダイエーにいた杉内俊哉投手(現・巨人)井手正太郎選手(現・DeNA)が野球教室を開いてくれました。抽選で当選し、直に教えてもらうことで「こういう投手になりたい」と強い憧れを抱いたのです。

その運命の出会いをきっかけに、野田投手は杉内投手の母校でもある鹿児島実業へと入学することを決めました。同じ左腕で沢村賞をも獲得するスーパースター。そんな憧れであり、目標でもある人と同じルートを歩むことで、少しでも理想の投手に近付きたかった。1人の少年の人生を動かすくらい杉内投手にはプロ野球選手としての魅力が詰まっているのです。

高校入学後、母校ということもあって校内のグラウンドで再開を果たしました。年齢を重ね、プロへの扉が近づくことで、より熱心にあの独特の脱力投法を研究し、自分のフォームに取り入れようと努力しました。その一途な気持ちが、例え遠回りになったとしても実を結ぶことに繋がるのです。

 

➋リリーフエースから“本物のエース”へ

鹿児島実業では、2年春の九州大会初戦で好救援をしてから中継ぎとしての起用が多くなり、同年夏の予選でも登板4試合で全て0封と好投。甲子園出場への陰の立役者となると、リリーフエースとして立場が確立していったのです。

そんななか、同年秋に先発の機会が訪れると、九州大会・神宮大会含めて10完投と主にリリーフでの登板が多かったにも関わらず、先発完投型投手として開花していきました。3年春のセンバツでは3試合3完投。同年夏の鹿児島大会でも準決勝まで投げ抜き、エースとしての役割を全うしました。

その後、第9回AAAアジア野球選手権大会の日本代表に選出され、台湾との試合に2番手で登板し、5回無失点と結果を残しました。リリーフから始まり、最後には日本を代表する投手へとステップアップした野田投手。最初からすごい球を投げるでもなく、体が大きいわけでもない。杉内投手を理想に掲げたことから始まった地道な努力があったからこそ掴んだのが、先発完投型という“本物のエース”の姿なのです。

 

➌実績を作るためにドラフト指名打診を拒否した武骨な精神

野田投手は、最速145km左腕としてスカウトから注目を浴びていましたが、自身の実力ではまだプロには通用しないと感じ、西濃運輸へ入社して社会人野球の道へと進みました。1年目から日本選手権といった公式戦にリリーフとして出場し、ベーブルース杯では中日の2軍戦と対決。初めてプロと対戦し、直球で押す配球で0回2/3を無安打無失点に抑えました。

その後、肩を痛めて実践から遠ざかることになってしまいますが、3年目の仏国際大会のフランス戦で6回3/1を投げて8失点を喫するも14奪三振を記録。それにより、同年のドラフト会議前に指名を打診する球団が現れました。しかし、社会人で実績を残せないままプロに行く自分が許せなかったのか、夢だったプロへの扉を自ら閉じてしまったのです。

そして翌年の都市対抗でデビューを果たすも、1死も取れないで降板という不本意結果に終わりました。しかし、そんな満足のいく実績を作れていないなかでも、フォームの躍動感や威力のあるボールに将来性を感じ、同年のドラフトで西武から3巡目という上位で指名されたのです。野田投手は、そこまで高く評価してもらったライオンズに貢献しようと入団を決意し、背番号「23」のユニホームに袖を通しました。

 

➍「サプライズ!」杉内からの祝福メッセージに歓喜

ドラフト指名後、小5からその背中を追い続けた杉内投手から、なんと「おめでとう!」と、Facebookによる祝福メッセージが送られてきたのです。このビッグサプライズには喜びも爆発しました。

本当なら、もっと早くプロへ来ることもできたかもしれません。しかし、あえて遠回りをしてきました。それは、自身のことをしっかり見つめることができている証拠。

「今の自分なら…」

まだまだおこがましいかもしれませんが、少年時代から理想の先の存在として意識してきた人とようやく同じ土俵の上に立つことができたのです。いつか、この2人の投げ合う試合が来るかもしれません。その時は、お互いの表情、投球、溢れ出る気持ちそして雄姿を心にしかと焼き付けなくてはいけません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 鈴木翔太
  2. kawabata_homerun_jingu
  3. 高山
  4. 中日 小熊
  5. a7fcbd1d
  6. img_5ca654a7bededa220959b79796555366282851
  7. ヤクルト 杉浦
  8. 68efc282-s
  9. bd0fef9b58b0198f09a9269b94678f24
  10. 9362ceec

最近の記事

  1. ロッテ佐々木
    2016年ドラフトの目玉となった田中正義(創価大→ソフトバンク)と並び高い評価を受けていた佐々木千隼…
  2. 楽天 藤平1
    2016年ドラフトの一つのキーワードとなった「高校BIG4」。その面々は寺島成輝(履正社→ヤ…
  3. 巨人 吉川2
    「球界の盟主」と呼ばれる巨人。この日本のプロ野球で最も注目される人気球団が2016年ドラフト…
  4. ソフト田中3
    やはり主役はこの男だった…。創価大 田中正義が注目を集めてからは12球団で競合とまで言われ、…
  5. 濱口1
    【2016年シーズン、セントラルリーグ3位】このAクラス入りが示す意味はとても大きい。…
  6. 東都大学野球春季リーグ
慶應-法政
加藤拓也投手
    広島カープ25年ぶりの優勝の勢いのまま真向から挑んだドラフトだった。結果は、1回目の…
  7. 阪神 大山
    「阪神タイガース第一回選択希望選手」「・・・」「大山悠輔」2016年10月2…
  8. 横浜 綾部
    茨城県取手市出身の綾部翔(あやべ かける)投手は、1997年4月25日生まれの19歳。身長1…
  9. オリックス 森本
    福井県坂井市出身の森本将太(もりもと しょうた)投手は、4歳上の兄の影響を受けて、小学校3年…
  10. 阪神 上本
    広島県出身、中学は軟式野球クラブの松永ヤンキースに所属。広陵高校時代は1年生の夏から4季連続…

カテゴリー

ページ上部へ戻る