プロ野球Players.com

西武ライオンズ ドラフト1位 高橋光成 甲子園V椀はレオの未来のエース候補

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

群馬県出身 1997年2月3日生まれ

188㎝ 90kg(右投げ右打ち)

2014年西武ライオンズに1位指名された高橋光成投手は、前橋育英高校のエースとして2年時の夏の甲子園で、同校を初出場にして初優勝に導いたことはまだ記憶に新しいです。

この優勝時の投球内容が圧巻の一言に尽きます。初戦の岩国商高戦は9連続三振を含む13奪三振で完封し、ド派手な甲子園デビューを果たし、続く樟南高戦でも5安打完封勝ちと更に注目度を上げます。

3回戦では、優勝候補でもある強豪 横浜高も1失点に封じ込め、ベスト8へ。準々決勝の常総学院戦ではリリーフながら5回を零封して勝利へ貢献。疲労が濃くなってきたはずの準決勝の日大山形戦でも1失点完投し、決勝の延岡高戦ではさすがに極度の疲れから3失点を喫しましたが、合計6試合で50イニング687球、防御率0.36という文句の付けようが無い内容で、優勝を果たしました。

 

1.優勝後の苦悩とアクシデント

甲子園優勝により、取り巻く環境が一変してしまいました。どこに行っても多くのファンから声かけられ、注目されてスター扱いをされるようになってしまったといいます。

また、グランドでも招待試合に招かれては、調子の良し悪しに関係なく顔見せのためにマウンドに上がり、時には連投になっても投げ続けたそうです。

更にドラフトイヤーの1月下旬に右手親指を骨折するアクシデントに遭い、最後の夏を万全な状態で迎えることが出来ず、3回戦であっけなく予選敗退することになりました。

 

2.再び自信を取り戻したきっかけは?

最後の夏を県予選で終えた高橋投手のもとに2年連続となる高校日本代表の嬉しい知らせが届きました。与えられた背番号は18、エースとして2試合に登板して防御率はなんと0.00で準優勝に大きく貢献しました。失いかけた自信を国際舞台で活躍することで自らの力投で取戻し、憧れのプロの世界への思いをさらに強くしたそうです。

 

3.レオのエース、そして球界を代表する投手へ

ドラフト会議後のコメントで「自分も18番がもらいたい、プロ野球では18番がエースのイメージで1番かっこいいですから」。しかし、球団の渡辺SDは17番を用意して18番は自らの力で奪うものだと希望は通りませんでした。ただ、渡辺SDは「10年、15年とエースを張れる素材」と期待は大きいです。

西武は高卒投手の育成に定評と実績があります、そして高橋投手も期待に応えられるだけの一流の素材です。これからエースへの階段を登るためにはルーキーイヤーから1軍へ昇格を果たし、プロの一流のレベルを早くから経験を積んでくれるでしょう。それほど遠くない新しいレオのエース誕生に期待して、ルーキーイヤーに注目しましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る