プロ野球Players.com

ソフトバンクホークス 2012年ドラフト1位 教員免許も持つ文武両道な東浜巨は『練習嫌い?』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

沖縄尚学高校では1年時からベンチ入りし、3年春の選抜甲子園大会ではチームを9年ぶりの全国制覇へと導きました。

ドラフト1位候補として高い評価を受けていたものの、プロ志望届を提出せず亜細亜大学へ進学します。

大学でも1年時から登板機会を得て、東都史上初のデビュー以来3戦連続完封勝利をあげるなど最多完封のリーグ記録(15完封)を33年ぶりに大幅更新(通算22完封)、「東都のミスターゼロ」とも呼ばれました。

2012年のドラフト会議において1位指名3球団競合の末、ホークスに入団します。

1.プロらしくない文武両道

東浜選手には大学進学以前より、プロ野球選手と共に教員免許の取得という目標がありました。

数ある誘いの中から、早稲田や慶応ではなく、亜細亜大学を選んだのも、生田勉監督が東浜選手の両親に言った「一人前の男に育て、勉強させて卒業させます。教員免許も取らせて就職の面倒も見ます。」という言葉が胸に響いたからでした。

野球であれだけの成績を残しながら教職課程をこなし、ドラフト後には母校・沖縄尚学高校で教育実習を行い、目標であった高校社会科の教員免許を取得する―まさに「文武両道」を地で行くこととなりました。

引退後には地元沖縄に戻り、子供たちを相手に勉強と野球を教えるのが夢だそうです。

2.「練習していません」

選手全員が書いている野球ノートに下級生が「東浜さんは練習していません」と書いたことがあるそうです。

大学時代の成績を見れば、練習してないはずがないのですが、東浜選手は教職課程を選択していたため、必要単位数が他の野球部員より多く、事実、試験前にはグラウンドに姿を現さないこともありました。

限られた時間の中で練習メニューの構成や取り組み方に工夫を凝らし、さらに必要とあらば、絶対的な上下関係が存在する中、上級生にも練習に対する自分の意見を主張する東浜選手の姿が、野球一筋である他の野球部員には異質に映ったのかもしれません。

3.勝負の3年目、今年こそ本領発揮!

東浜投手は多くのプロ野球関係者から「1年目から2桁勝利を挙げる」と期待されていました。

しかし、初完投を無四球完封勝利で飾るなどその片鱗は見せましたが、決して満足のいく結果を挙げることは出来ませんでした。2年目も、本来の東浜投手の姿ではなく、期待を裏切る形になってしまいました。

2015年のキャンプでは、チームの監督交代や派手な補強もあり、東浜選手の名前を聞く機会がめっきりと減ってしまいました。

ただ、アマ時代の輝かしい実績を考えれば、今年の3年目こそは「東都のミスターゼロ」と言われた本領を発揮し、今までの仮を返す活躍をしても、何ら不思議も驚きもありません、それだけのポテンシャルを持った投手なのです。

勝負の3年目、力づくで再び脚光を浴びる活躍をして、チームとって名前の通り「巨」大な存在になることを期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る