プロ野球Players.com

ソフトバンクホークス 今宮健太が天性の素質と努力で身に付けた『超絶守備』と『堅実バント 』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大分・明豊高校時代には、1年時から遊撃兼投手としてレギュラー入りし、2年時にはエースとしてチームを春の選抜大会初出場に導き、3年時には再び内野手兼投手として甲子園に春夏連続出場に貢献しました。

MAX154kmの豪腕と高校通算62本塁打のパンチ力が評価され、2009年のドラフト会議においてホークスから1位指名を受け入団、2014年までに2度のゴールデングラブ賞と1度のベストナインを受賞、侍ジャパンにも選出されるなど球界を代表する遊撃手となりつつあります。

1.「定位置なし」の魅せる守備

今宮選手を語る上で欠かせないのはその守備力です。

まだ十代であった入団2年目には、当時球界を代表する遊撃手であった川﨑宗則選手(現・ブルージェイズ傘下)を守備力では既に上回ると言われていました。

171cmと小柄ながらも、その卓越した野球センスによってもたらされる正確な判断力とそれを生かすことが出来る高い運動能力で目を疑うほどの超絶プレーを連発し、今宮選手にとっては定位置などあって無きが如くという感じがします。

2年連続ゴールデングラブ賞受賞の裏で2年連続最多失策を記録しているのは,その広すぎる守備範囲と攻撃的な姿勢から、公式記録員にも「今村選手なら」と思わせていることの証明と言えるでしょう。

2.「出来て当たり前」のバント

明豊高校時代に通算62本塁打を放つほどのスラッガーであった今宮選手が、プロでは小技を駆使する打者へと変化しました。

転機は、レギュラー獲得のチャンスが巡ってきた2012年、「ひたすらバットを振った」と本人が語るように打撃練習に力を入れたものの「打てなかったから」でした。

結果が出ないにも拘わらず、二軍に落とされることなく起用され続けたことで、今村選手の意識が変わり小技を使うようになりました。

打席に入る時は頭の片隅にバントがあり、いつサインが出されても迷わない準備がリーグ新記録の犠打数へと繋がり、見る側にとって今宮選手のバントは「出来て当たり前」となっているのです。

3.チームの顔から『球界の顔へ』

数字だけを見ると決して派手な活躍をしているようには見えませんが、その守備とバントで2014年チームの日本一に貢献したことは異論の無いところです。

今宮選手の守備を見に来るファンが居るほどであり、最早チームの顔と言っても過言ではないでしょう。

今年24歳になる若鷹がこの先、オールスターゲームの常連となり侍ジャパンに何度も選出されるなど、球界の顔になっていく課程を見られるかと思うと今から楽しみで仕方ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る