プロ野球Players.com

ソフトバンクへ電撃移籍 「平成の怪物」松坂大輔の日本復帰にかけられる期待 【背番号18】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
eae41169

「平成の怪物」が日本に帰ってきた。松坂大輔の8年ぶりの日本球界復帰が大きなニュースになっている。

大リーグでは中継ぎでの登板が多かったが、先発機会を求めての復帰となる。

2000年代前半のプロ野球を代表する投手の足跡と、活躍の可能性を探りたい。

1.20世紀末、時代の中心にいた選手

藤川球児(テキサス・レンジャース)、杉内俊哉(巨人)、村田修一(巨人)ら、1980年生まれの選手が「松坂世代」と呼ばれたように、松坂は常に世代の中心選手だった。

高校時代は、横浜高校での春夏甲子園制覇、夏の準々決勝のPL学園との延長17回の死闘、決勝でのノーヒットノーランなど、数多くの活躍が記録にも記憶にも深く刻まれている。

ゴールデンルーキーとして西武にドラフト1位で入団すると1年目の1999年から16勝で最多勝。
150キロ台の速球、鋭いスライダーで三振の山を築き、完投するスタミナもある。まさに規格外の怪物だった。
今では、普通に使われるようになった「リベンジ」という言葉を流行らせたのも松坂だった。まさに時代の中心にいた選手だったのだ。

その後も西武での8年間で108勝を挙げ、球界を代表する投手としての地位を確固たるものにしていった。

2.超大型契約での大リーグ挑戦、
          故障との戦い

2006年のオフにポスティングシステムで大リーグ、ボストン・レッドソックスに移籍。移籍金は当時のレートで60億とも言われ、超大型契約となった。
1年目、2年目は先発2桁勝利を挙げるも3年目に故障で戦線を離脱。シーズン前に行われたWBCの影響が囁かれたが、故障はその前から発生していたものらしい。

以降は故障との戦いを強いられるシーズンが続き、渡米5年目の2011年にはついに肘にメスを入れるトミー・ジョン手術を受けた。
翌年には6年契約最終年を終えレッドソックスをFAとなりインディアンス傘下3Aを経てニューヨーク・メッツに入る。
メッツでは主にリリーフとして登板することが多く、2014年は25試合を投げている。

手術以降は球速がやや下がり、カーブなどで緩急を使ったピッチングスタイルに変わってきていた。

3.期待の大きさは「松坂大輔」
        という名前の重み

日本復帰、春のキャンプインと、その知名度からメディアに取り上げられることも多い。
プルペンでの投球練習を非公開にしたり、西武時代に幾度となく対戦してきた松中のフリー打撃に登板したり、連日紙面を賑わわせている。

知名度ばかりが先行しているが、投球フォームの改良や投げ込みなど順調にキャンプを進めており、肘への不安も払拭されつつある。
気が早いファンは「何勝できるか」を議論しはじめたり、その期待度は大きい。

常に優勝を争うことを使命とするソフトバンクというチーム、6億円とも言われる大型契約もその期待を大きくさせる一因だろうが、
プロ野球ファンにとって「松坂大輔」という名前が持つ価値こそが一番の期待の源であろう。

甲子園の栄光、華々しいプロデビュー、日本のエースとして君臨したWBCにより積み重ねられた「松坂大輔」の名前の価値はそう簡単に色褪せない。

~怪物のあの雄姿をもう一度~

時を同じくして日本復帰を果たした黒田博樹(広島)と比較されることもある。
大リーグでの華々しい実績と、「男気」を見せての復帰となった黒田と比べると、どうしても都落ちの感が否めない。

しかし、我々は信じている。松坂はただのピッチャーではない。「平成の怪物」の真価を、もう一度見せてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 74fcff2faf526dc3249131b7d88e28a120141022131512174_262_262
  2. 日ハム 太田
  3. 日ハム 武田久
  4. 阪神 岩貞
  5. ヤクルト 高橋
  6. 阪神 大山
  7. siomi
  8. 高山
  9. 鈴木翔太
  10. 日ハム 大塚豊

最近の記事

  1. ロッテ佐々木
    2016年ドラフトの目玉となった田中正義(創価大→ソフトバンク)と並び高い評価を受けていた佐々木千隼…
  2. 楽天 藤平1
    2016年ドラフトの一つのキーワードとなった「高校BIG4」。その面々は寺島成輝(履正社→ヤ…
  3. 巨人 吉川2
    「球界の盟主」と呼ばれる巨人。この日本のプロ野球で最も注目される人気球団が2016年ドラフト…
  4. ソフト田中3
    やはり主役はこの男だった…。創価大 田中正義が注目を集めてからは12球団で競合とまで言われ、…
  5. 濱口1
    【2016年シーズン、セントラルリーグ3位】このAクラス入りが示す意味はとても大きい。…
  6. 東都大学野球春季リーグ
慶應-法政
加藤拓也投手
    広島カープ25年ぶりの優勝の勢いのまま真向から挑んだドラフトだった。結果は、1回目の…
  7. 阪神 大山
    「阪神タイガース第一回選択希望選手」「・・・」「大山悠輔」2016年10月2…
  8. 横浜 綾部
    茨城県取手市出身の綾部翔(あやべ かける)投手は、1997年4月25日生まれの19歳。身長1…
  9. オリックス 森本
    福井県坂井市出身の森本将太(もりもと しょうた)投手は、4歳上の兄の影響を受けて、小学校3年…
  10. 阪神 上本
    広島県出身、中学は軟式野球クラブの松永ヤンキースに所属。広陵高校時代は1年生の夏から4季連続…

カテゴリー

ページ上部へ戻る