プロ野球Players.com

【2018年ドラフト名鑑】ソフトバンク5位「192センチの規格外は未来の柳田二世」水谷 瞬野手(石見智翠館)動画付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。

身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から生まれる長打力は破壊力抜群。

まだまだ粗削りではあるが、パワーはもちろん脚力も50mを6秒フラットを計測するスピードを併せ持ち、これから大化けする匂いがプンプンする。

 

➊アマ時代のプレー動画

 

➋どんな選手?

今春の県予選で3試合連続でホームランを放ち観客はもちろんプロのスカウトの度肝を抜き、全国にその名を知らしめた。

見事な体格と長い手足、プレーはダイナミックで観客を魅了できる稀少な外野手になれる素材はそうはいない。

大型選手らしく、課題は細やかなプレーや守備になるが入団したソフトバンクの育成システムがあれば水谷のポテンシャルが開花する将来像も予想しやすい。

順調に育てば、今や球界のスターとなった同じチームの柳田悠岐のような走攻守で規格外の選手になれる可能性も十分にある。

まずは二軍で多くの経験を積み、体格に見合ったパワーを身に付けて層の厚いソフトバンクの外野陣へ食い込めれば、未来は「トリプルスリー」を狙えるプロ野球ファンに夢を与える選手になれるはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る