プロ野球Players.com

【ソフトバンク 中田 賢一は2014年よりも進化しているのか?】中日から移籍後成長したのか?年俸と活躍は比例しているか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2014年に中日から移籍してきた中田選手はソフトバンクでも先発として活躍し、シーズンオフには年俸も2,500万円増でサインしています。
2015年も安定した活躍を見せており、貴重な先発ピッチャーとしてソフトバンクに欠かせない存在です。

 

中日から地元ソフトバンクへ

2013年シーズン終了後の11月、中田選手は国内FA権を使って地元球団のソフトバンクへと移籍します。
シーズン開幕から先発ピッチャーとしてローテーション入りするとソフトバンクでの初登板でいきなり勝ち投手となり、その後も勝ち星を積み上げていきます。
5月には1,000投球回の記録も達成し、その後は不調な時期もあったものの最終的にはシーズン終了まで先発ローテーションを崩すことなく、ソフトバンク先発陣最高となる11勝を挙げます。

 

期待に応えた2014年の活躍

2014年は移籍した1年目ということもあり、中田選手にとってプレッシャのかかるシーズンだったことは間違いありません。
移籍をきっかけに成績を大きく落としてしまう選手も多い中、中田選手はソフトバンクの期待に応える活躍を見せます。
クライマックスシリーズ、日本シリーズにも登板し、中日時代からさらに進化した投球でファンの心をがっちり掴みました。
年俸以上の活躍を見せてくれ、シーズン終了後にはさらなる年俸アップも実現しています。

さらなる活躍、鷹のエースへ

順調な活躍をしているものの、好不調の波が激しい面も見られこれが今後の課題なるでしょう。
現在の年俸は9,500万円、大台となる1億円に届くかどうかは今後より安定した成績が残せるピッチャーになれるかがカギです。

期待される役割はやはり先発です。しかし、ソフトバンクの投手陣は国内随一のレベルでありライバルも多く先発ローテーションを確保することがとても難しい球団です。ただ、中日時代からソフトバンク移籍後も実績を積み上げてきた中田投手には若手にはない信頼と安心感が大きなアドバンテージになることでしょう。

常勝軍団となったソフトバンクの中でも、今まで以上の活躍を築き上げて近い将来、地元ファンも望む頼れる鷹のエースになってくれるような更なる飛躍に期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る