プロ野球Players.com

中日ドラゴンズ 大野雄大が強気の投球と発言でチームを鼓舞する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中日ドラゴンズの今季開幕投手は山井投手にほぼ決定しました、その山井投手と争っていたのが大野雄大投手。
経歴は京都外大西高から佛教大に進み、プロ入り前は斎藤佑樹投手(日本ハム)らとともに大学BIG4とも称され、注目を集めました。しかし大学最終年度に故障してしまい、ドラフト1位でプロ入りしたものの、一年目のキャンプはリハビリに充てることになってしまいました。その後は順調に階段を登って行き3年目の一昨年と4年目の昨年は二年連続の二桁勝利、中日ドラゴンズ左のエースにまで上り詰めました。今季も更なる飛躍が期待されています。

1.大野投手の特徴とセールスポイント

大野投手は左腕から投げる最速151キロの力強い直球が最大の魅力です。そこに100キロ台のカーブやスライダーなどを駆使し、三振の山を築いていきます。課題は制球力と言われることもありますが、左腕からこの威力の直球はなかなか打てるものではありません。
実際に今季、これまでのオープン戦でも好投が続いており、防御率は0点台と安定感を見せています。
また、強気の投球をすることでも知られており、打者に真っ向からぶつかっていくピッチングスタイルはチームを鼓舞して士気を高める力を持っています。そして、アマチュア時代からも発言でも強気で、大学時代では地方リーグで脚光浴びていませんでしたが「絶対に負けていない」や「大野雄大のボールはこれや」など随所に負けん気の強さ、ハートの強さを見せていました。

 

2.大野投手への期待

中日投手陣は間違いなく山井投手とこの大野投手を中心に回っていくことになります。

そこに復活した吉見投手などが入ってくると思いますが、大野投手がコケると上位進出は出来ません。しかし昨年も期待された春先に結果を残すことが出来なかった大野投手は今年調整方法を変えたり、昨年拘っていた開幕投手にも拘っていないようなコメントをしています。チームの中心として目先の結果にこだわることなく、自分のやらなければならないことを淡々とこなすという姿勢はチームにも良い影響を与えるのではないかと思います。
課題は安定した投球を一年通してできず、勝ち負けを繰り返ししてしまう部分。ここを改善することが出来れば間違いなくキャリアハイを望めるでしょう。

 

3.新たに芽生えた責任感

高校、大学と実力はありながらも同級生にスターがいた(田中将大投手や斎藤佑樹投手)ばかりに注目を集めることができなかった大野投手。
強気な発言と投球内容はその時の反骨心から来ているそうです、立場を逆転させるためにも今季の躍進が必要になってきます。
ただ、今期の大野投手は昨年までと違い開幕に強いこだわりを持たずに一年間を先発ローテーション投手として安定した成績を残すことを目標にしているようです。これは、弱気になったのではなく、2年連続で先発として2桁勝利を挙げた自信の裏付けであり、チームに対する責任感の表れではないでしょうか。
ガムシャラだった2年間で得た、実績と自信を胸に静かに開幕を待つ一回り成長した大野投手のピッチングに期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る