プロ野球Players.com

二人目の「ヤマモトマサ」こと中日 山本雅士は独立Lの『練習生』からのプロ入り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

広島・安芸南高校時代は1年時からベンチ入りしたものの、夏に右肩と腰を痛めて長期離脱し、復帰した3年時には一塁手兼控え投手としての出場となりました。

四国アイランドリーグplus(IL)のトライアウトを受けて合格、卒業後に徳島インディゴソックスに練習生として入団します。

2年目に選手登録されて先発・リリーフの両方をこなし、チームの前後期優勝に大きく貢献、2014年のドラフト会議でドラゴンズから8位指名を受けて入団しました。

不完全燃焼に終わった高校生活

高校1年の夏に右肩を痛めて投球練習が出来なくなってからは、走り込みなどの基礎練習や体幹トレーニングなど自主練習に励むことになりました。

進学校で野球部の練習時間が短かったため自宅に帰ってからも坂道ダッシュや300段の階段昇り、インナーマッスルトレーニングなどを自主練習を行い、さらには陸上部のコーチにアドバイスを求めることもあったそうです。

怪我が治り、これまでの練習が実を結び始め手応えを感じていた時に最後の夏を迎えてしまい、山本選手の高校野球生活は不完全燃焼に終わることとなってしまいました。

 

1年間の練習生生活

四国ILのトライアウトに合格したものの、1年間は練習生での契約となり公式戦に出場することも出来ず、給料もありませんでした。

しかしこの間に、カープから派遣されていた小松剛氏(現広島広報)やのちにNPB入りする入野貴大選手(現楽天)との練習でキャッチボールの大切さを学び、当時香川オリーブガイナーズに所属していた又吉克樹選手(現中日)の配球をスコアラーとして勉強しました。

また、当時徳島の監督であった島田直也氏(現横浜コーチ)から直接指導を受けるなど、NPBのレベルを肌で感じることが出来たのでした。

 

「ヤマモトマサ」問題

ドラゴンズの「山本」と言えば、200勝投手にして日本球界のレジェンド・山本昌選手ですが、同姓の山本雅士選手が入団したことによって登録名の問題が発生しました。

同一チームに同姓の選手がいる場合には混同を避けるため姓に名前の一部を付けて登録名とすることが多いのですが、今回の場合は音で言えば「ヤマモトマサ」までが同じであり、どうするのかがファンの間でも話題となっていました。

落合博満GMからは「今まで通りでいい」と言われたようですが、結局は「山本雅士」とフルネームを登録名とすることで問題が決着することとなりました。

 

一軍キャンプ完走も・・・

2015年のキャンプは一軍スタートとなり、フリー打撃で好投するなどキャンプ打ち上げまで一軍に帯同しました。

しかし、一軍でのオープン戦登板は無く、当然のことながら開幕は二軍で迎えることとなりました。

とはいえ、社会人経由であれば2015年秋にドラフト指名が解禁となる年齢であるので焦る必要はなく、数年後には「ドラゴンズのヤマモトマサ」=山本雅士と言われるような活躍を見せてもらいたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る