プロ野球Players.com

『オリンピック兄弟共演』を目指すヤクルト 風張蓮は異色の珍名さん?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

岩手・伊保内高校時代は1年春からベンチ入りし、2年春からエースを務めるもののチームは3季連続で岩手県大会初戦敗退を喫してしまいます。

3年春の県大会でベスト8まで進出しましたが、これが最高成績となって甲子園の経験はありませんでした。

東京農業大学北海道オホーツクに進学後は1年春からリーグ戦で登板、2年秋からのリーグ3連覇そして4年秋のリーグ優勝に大きく貢献して最優秀投手賞とベストナインを受賞しました。

そして、2014年のドラフト会議においてスワローズから2位指名を受けて入団しました。

夢は兄弟で五輪

風張選手には陸上競技の砲丸投げをしている高校生の弟・鼓太郎さんがいます。

2014年秋に行われた日本ユース陸上競技選手権において7位に入賞するなど、5年後の東京オリンピック出場を目指す有望選手として注目されています。

現在野球はオリンピックの正式種目として採用されていませんが、東京で野球が復活となればオリンピックでの兄弟共演も夢ではありません。

2020年夏、隣接する神宮球場と新国立競技場で日本国民を沸かせている風張兄弟の姿が見られるかもしれません。

 

「風張」は珍しくない?

「風張蓮」という名前を見て、珍しい名字で何と読むのかと思った人も多いのではないでしょうか。

この「風張」という名字は青森県八戸市にある地名がルーツであり、全国的にはあまり聞きませんが、青森県や風張選手の出身地である岩手県ではそれほど珍しい名字ではないそうです。

プロ野球ファンにとっては馴染みのある名字であっても一般的には珍しい名字は結構あって、スワローズで言えば「大引」や「久古」のほうが「風張」よりも珍しかったりします。

 

ジャージの色でアピール?

2015年1月の新人合同自主トレ初日に、真中満監督や球団幹部の目を最も引いたのは風張選手でした。

その実力もさることながら、某落語家夫婦ばりの上下ピンクのジャージ姿でもアピールしたからです。

ピンクが好きな色だったというだけで特に奇をてらったわけではありませんでしたが、結果的にはアピールするのに大きなプラスとなりました。

ジャージーが派手なだけだったと言われないように、シーズンでもド派手な活躍を見せてもらいたいと思います。

 

二軍スタートも潜在能力はすでに一軍クラス

大学4年秋の明治神宮大会で起こした右太もも肉離れの影響でキャンプは二軍リハビリ組スタートとなりましたが、ランニングメニューを問題なくこなし、早々にブルペンにも入るなど順調ぶりをアピールしました。

オープン戦での登板こそありませんでしたが開幕前のタイガースとの練習試合では1軍初登板を果たし、2回無失点と上々の投球を見せてくれました。

開幕一軍には入れなかったものの、「風張」がプロ野球ファンに馴染みのある名前になるような活躍を見せてもらいたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る