プロ野球Players.com

ヤクルトスワローズ 「招き猫投法」成瀬善久は一発病を克服しスワローズに福を招けるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
06ebe091

中学校時代には全国中学校軟式野球大会に出場、1試合16奪三振や毎回奪三振の記録を作りチームを全国3位に導きました。

神奈川 横浜高校に進学すると、3年春の選抜甲子園大会でチームの準優勝に1学年下の涌井秀章選手(現ロッテ)とともに大きく貢献します。

2003年ドラフト6巡目指名でマリーンズに入団、2006年に1軍ローテションに定着し、2014年までに5度の2桁勝利を記録、最優秀防御率・最高勝率などのタイトルを獲得しています。

1.球の出所が見難い猫招き投法

成瀬選手の投球フォームは、手首の曲げ方が招き猫の上げた前脚とよく似ていることから「招き猫投法」と呼ばれていますが、自身ではそのフォームについて「和田毅選手(現カブス)の球の出所を隠す部分と杉内俊哉選手(現読売)のゆったりした部分を足した」ものだと語っています。

130kmに満たない球速のストレートで並み居る強打者を牛耳れるのは、このフォームあってこそのことです。

またこのフォームに由来して、チームメイトからは「ニャー」という愛称で呼ばれ、さらに一部ファンの間では「にゃるせ」とも呼ばれているそうです。

2.意外に多い被本塁打の理由とは?

16勝を挙げた2007年以降、毎年2桁本数の本塁打を浴びており、過去には3年連続でリーグワーストも記録しました。

成瀬選手が130km前後のストレートで打者を押さえ込めるのは、出所が見難いフォームの他に、ボールに非常にキレイなスピンがかかっており手元で伸びるからだと言われています。

反面、スピンのよくかかったボールは当たると飛びやすいとも言われており、それが成瀬選手の被本塁打の多さの原因と考えられます。

スピンがよくかかっていることで抑えることも出来れば、本塁打を打たれることもある、成瀬選手にとっては最大の武器であり、最大の弱点ともなる諸刃の剣といったところでしょうか。

3.FA宣言には厳しい意見も…

過去に4年連続を含む5度の2桁勝利を挙げ、通算で90勝しているにも拘わらずマリーンズの評価が低いということでFA宣言することになりました。

開幕投手の経験もあり、それだけの実績を残しているのだから好待遇を主張するのは当然という意見がある一方、2008年以降は2桁勝利を挙げても2007年のような絶対的な安定感は無く、さらに直近2年間に至っては故障の影響もあり、精彩を欠いていたのでマリーンズから好条件が出されないのは当たり前という厳しい意見もありました。

しかし、2015年10月で30歳とまだまだ若く、環境が変わることにより復活することも十分考えられますので期待することとしましょう。

~投壊 2014年リーグワースト!
  スワローズの救世主になれるか?~

2014年のスワローズはチーム打率リーグトップの強力打線を持ちながら、チーム防御率がリーグ最下位でチーム成績も最下位となってしまいました。

故障による主力選手の戦線離脱もさることながら、この投壊が近年のスワローズ低迷の原因と言え、その分成瀬選手への期待は大きくなります。

セ・リーグの打者が成瀬選手のフォームに慣れていないことから、2007年のような活躍も夢ではありません。

評論家の中にはスワローズの優勝を予想している人もおり、成瀬選手の活躍次第ではそれが一気に現実味を帯びてくることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ソフト田中3
  2. ロッテ 東條
  3. B0oWO3lCQAA97CO
  4. 4940a551
  5. ヤクルト 杉浦
  6. 阪神 田面
  7. オリックス 吉田凌
  8. 横田
  9. 141014_tanaka_daiki
  10. 日ハム 白村2

最近の記事

  1. ロッテ佐々木
    2016年ドラフトの目玉となった田中正義(創価大→ソフトバンク)と並び高い評価を受けていた佐々木千隼…
  2. 楽天 藤平1
    2016年ドラフトの一つのキーワードとなった「高校BIG4」。その面々は寺島成輝(履正社→ヤ…
  3. 巨人 吉川2
    「球界の盟主」と呼ばれる巨人。この日本のプロ野球で最も注目される人気球団が2016年ドラフト…
  4. ソフト田中3
    やはり主役はこの男だった…。創価大 田中正義が注目を集めてからは12球団で競合とまで言われ、…
  5. 濱口1
    【2016年シーズン、セントラルリーグ3位】このAクラス入りが示す意味はとても大きい。…
  6. 東都大学野球春季リーグ
慶應-法政
加藤拓也投手
    広島カープ25年ぶりの優勝の勢いのまま真向から挑んだドラフトだった。結果は、1回目の…
  7. 阪神 大山
    「阪神タイガース第一回選択希望選手」「・・・」「大山悠輔」2016年10月2…
  8. 横浜 綾部
    茨城県取手市出身の綾部翔(あやべ かける)投手は、1997年4月25日生まれの19歳。身長1…
  9. オリックス 森本
    福井県坂井市出身の森本将太(もりもと しょうた)投手は、4歳上の兄の影響を受けて、小学校3年…
  10. 阪神 上本
    広島県出身、中学は軟式野球クラブの松永ヤンキースに所属。広陵高校時代は1年生の夏から4季連続…

カテゴリー

ページ上部へ戻る