プロ野球Players.com

ヤクルトスワローズ 和製”ライアン”小川泰弘がリベンジのプロ入り3年目、そして2年連続開幕投手へ挑む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1990年5月16日生まれ(右投右打)

小学校3年生で野球を始め、中学校ではエースとしてチームを県大会出場に導き、高校では21世紀枠で出場した選抜高等学校野球大会で野球部創部103年目で甲子園初勝利を飾りました。

大学進学後もノーヒットノーランやリーグ戦21連勝を達成し、MVPを5回受賞しています。2012年にドラフト2位で東京ヤクルトスワローズに入団しました。

入団後はセ・リーグ新人賞や日本代表に選ばれ、2年目にして開幕投手を任され開幕戦白星を飾っています。

1.勝ち取った2013年セリーグ新人王

大学で華々しい結果を残した小川でしたが、2012年のドラフト会議ではあまり注目をされていませんでした。

藤浪(現阪神)や大谷(現日ハム)の大型高校生をはじめ、大学では菅野(現巨人)や東浜(現ソフトバンク)の方が世間の注目を浴びていました。

しかし、開幕後は同期新人投手一番乗りで完封勝利を挙げ、2桁勝利も一番乗りを果たし、世間にその名を知らしめました。

そして、強力なライバルたちを押し退け、大混戦のセ・リーグ新人王を受賞しました。

2.今や定着した『ライアン小川』

小川が世間に知られるようになったのは、結果も勿論ですがその投球フォームが大きな一因ではないでしょうか。

元メジャーリーガーのノーラン・ライアンを参考にした、左ひざを曲げた状態で大きく上げ一気に踏み込む投球フォームでついた愛称は”ライアン小川”。

身長は171cmと大きい方ではないですが、その独特でダイナミックな投球フォームとオーバースローから投げられるストレートで勝ち取った新人賞と最多勝利は同年最下位となったヤクルトファンを喜ばせ、野球ファンを楽しませました。

3.故障に苦しんだ2014年、
  リベンジに燃える2015年シーズン

プロ入り2年目となる2014年は開幕投手として挙げた白星から3連勝と好スタートを切りこの年も活躍を期待されましたが、4月18日に試合中の骨折により7月まで長期離脱を余儀なくされました。

結果、この年の勝利は9勝に止まり、2年連続の2桁勝利を惜しくも逃してしまいました。

落ち込んでしまった勝利数は、故障だけが原因ではなく、代名詞となっている投球フォームにもありました。

その、ダイナミックな投球は投球動作開始から球がミットに届くまでのクイックが1.35秒~1.4秒を要し、盗塁阻止率は143で12盗塁を許してしまいました。

プロ入り3年目となる2015年、小川はクイック強化を課題とし15勝200イニングを目標に挙げ、2年連続となる開幕投手に指名されています。

進化された”新ライアン”は、ルーキー時のように躍動し、2015年も私達野球ファンを楽しませてくれることでしょう。

そして、2014年の自分へのリベンジも果たすことができるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る