プロ野球Players.com

ヤクルトスワローズ FA移籍を決断した大引啓次は人格者なのにホークス大場が許せない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大阪・浪速高校では1年時からベンチ入り、2年春には甲子園選抜大会に出場しベスト8進出に大きく貢献、3年夏の大阪府大会ではあの清原和博氏(当時PL学園高校)に並ぶ5本塁打を放ちました。

法政大学進学後は1年時からレギュラーとしてリーグ戦に出場、法政大学史上最多で、六大学歴代でも4位となる通算121安打を記録しました。

2006年の大学・社会人ドラフト3巡目指名でバファローズに入団、1年目から正遊撃手として起用されましたが、選手会長に就任した2013年キャンプ直前に糸井嘉男選手らとの大型トレードでファイターズに移籍、2014年オフには国内FA宣言しスワローズへ移籍しました。

1.誰もが認める人格者

創建2000年の歴史を誇る神社に生まれ、主将を務めた法政大学時代には「法政史上最高の主将」や「学生野球の鑑」と他大学からも賞賛され、プロ入り時の契約金は全額、実家の神社に寄進したそうです。

バファローズ時代には副主将・選手会長・選手会副会長を歴任、ファイターズ移籍後も主将を務めるなど、その統率力は誰もが認めるところとなっています。

また、2010年のキャンプ中に急死した小瀬浩之さんを弟分として可愛がっていたため、以後2年間(2012年以降は不明)はオフに小瀬さんの実家を訪れ、シーズンの報告を行っていました。

2.大場投手に激高の理由とは?

人格者で知られる大引選手が、試合中に死球を受けて激高したことがあります。

ファイターズ時代の2013年7月のホークス戦で、大場翔太選手から右腕に死球を受けました。

その死球自体は、それほど危険なものではなかったのですが、大引選手は大場選手から過去に2度頭部へ死球を受けており、3度目であったということ、その試合では陽岱鋼選手も死球を受けていたことが重なってのことだと思われます。

試合中に激高し、試合後も「許せない」、「ふざけている」と怒りが収まらない大引選手を見たファンは、「あの大引選手が激高なんて信じられない」や「普段のイメージからは想像出来ず怖い」と驚いていました。

3.『古巣』神宮に凱旋

2015年は大引選手にとって初めてのセ・リーグでペナントを戦うことになります。

スワローズは宮本慎也氏以降ショートがなかなか固定出来ず、チーム成績低迷の一因となっていましたが、大引選手の獲得でそれも解消されることになります。

さらに、大引選手には若い選手を引っ張っていく役目も期待されており、そういう面でも宮本氏の後継者と言えます。

キャンプ、オープン戦を通じて守備だけでなく打撃も好調な大引選手に引っ張られて、最下位脱出だけでなく、Aクラスさらにその先へと躍進する2015年のスワローズが見られるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  2. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  3. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  4. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  5. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  6. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  7. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  8. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  9. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…
  10. 175センチ 75キロと小柄ながら力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーを武器に大学通算14勝の実…

カテゴリー

ページ上部へ戻る