プロ野球Players.com

ヤクルトドラフト1位 竹下真吾が一年目から間違いなく活躍する理由とは?【背番号22】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヤクルトスワローズ、ドラフト1位ルーキーの竹下真吾投手を紹介します。

まずは経歴ですが、八幡高校(福岡県)では主将で四番という大黒柱としてチームを牽引します。
甲子園出場は無いものの卒業後は名門九共大へ進学します。ここでも4年時に主将を経験。ただ選手としては目立った成績を挙げることはできませんでした。

しかし、その後入社したヤマハでは一年目から公式戦に出場。主力投手の一角を掴みます。どちらかと言えば遅咲きの印象が強い竹下投手ですがプロ入り後の活躍はかなり期待できると思っています。

1.竹下投手の武器

持ち球は最速150キロの直球とスライダー、チェンジアップとカーブです。特に右打者インコースへの直球は威力があり、マウンド度胸の良さも手伝ってどんどん勝負していく投手のようです。

総合力は今年入団した新人選手の中でトップという声もあるくらい能力が高く、特に社会人になってからリリーフ投手としての才能が開花したようで短いイニングで力を発揮する投手です。

投手でありながら高校、大学と主将を努めていることも非常に珍しいですね。性格も素晴らしいのではないかと推測できます。

2.ヤクルト投手陣の弱点を埋める存在

御存知の通り、昨年のヤクルトは打撃陣は超強力、投手陣さえ良ければ…と言われる状態でした。そんな中今シーズンに向けて、成瀬投手を獲得するなど強化に努めていますが中継ぎ投手は依然として手薄なままです。間違いなくそこを期待されて獲得されたのがこの竹下投手でしょう。

中継ぎ投手で確定しているのは秋吉投手と中澤投手くらいですので、怪我さえなければ一軍のマウンドに立つ機会は早くに訪れると思います。そこで結果を残すことが重要になってきますが、素晴らしい打撃陣を揃えているチームですので、我慢して投げれば中継ぎ投手であっても勝ち星が転がり込んでくる可能性は大きいです。

目に見える結果は自信につながりますので、そういうチームに入団できたということをチャンスと捉えてほしいと思います。

3.ヤクルトの豪腕型
    サウスポーと言えば?

左腕投手で本格派、しかも救援投手と言えばヤクルトでは石井弘寿投手(現二軍コーチ)が思い出されます。

2000年代では間違いなく最強クラスの中継ぎ左腕投手でした。おそらく最初は中継ぎとしての起用が多くなることからぜひともそこを目指してほしいし、そうなれるだけの逸材だと思います。
セ・リーグをかき回すであろうヤクルトの主力として活躍する日はそう遠くないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 「ダイヤの原石」と言っても過言ではない魅力あふれる素材として注目されているのが勝又 温史(かつまたあ…
  2. 祖父が名門 横浜高校の渡辺元智監督というサランブレッドとして注目されているのが渡辺 佳明(わたなべよ…
  3. 今年の夏の三重県予選で150キロオーバーを7球連続で記録し、一躍全国区へ躍り出たのが田中法彦(たなか…
  4. 水谷 瞬(みずたにしゅん)はまさに規格外だ。身長192センチ、体重94キロの恵まれた体格から…
  5. 2018年甲子園春夏連覇の優勝投手であり、名門大阪桐蔭のエースとしてチームを数々の勝利へ導いたのが柿…
  6. MAX153キロのストレートが代名詞の速球派が斎藤友貴哉(さいとうゆきや)だ。自慢のストレー…
  7. 根尾昂(中日ドラフト1位)、柿木蓮(日本ハムドラフト5位)と共に大阪桐蔭のマウンドを守り、甲子園春夏…
  8. 最速147キロでありながら、球の出所がわかりにくい変則左腕が左沢優(ひだりさわゆう)だ。身長…
  9. 188センチ 95キロの恵まれた体格から生まれるパワー溢れる強打が魅力の大型内野手が松田 進(まつだ…
  10. 森脇亮介(もりわき りょうすけ)は175センチ 70キロと決して恵まれた体格ではないが、最速152キ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る