プロ野球Players.com

神主投法の剛腕!横浜 熊原健人 実家が神社の異端児がいざプロへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
横浜 熊原

宮城県出身、中学は軟式野球部に所属。柴田高校時代に遊撃手から投手に転向したものの控え投手でした。3年夏も3回戦敗退で甲子園出場はありません。

仙台大学では2年春からリーグ戦に出場し、3年春からはエース格としてMVP・ベストナイン・最優秀防御率といったタイトルを受賞するまでに成長します。特に大学4年は4勝0敗4完封し防御率0.63と圧巻の内容でした。

全日本選手権にも出場し150キロを記録、また国際大会のハーレム大会、U21W杯にも出場し大学を代表する投手としてプロのスカウトから高評価を得ます。

2015年のドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから2位指名を受け入団。

馬力があり150キロを超える威力あるストレートとキレの良い変化球で即戦力として期待されています。

 

➊実家は700年続く神社

熊原の家は室町時代から続く神社で父親は神主です。兄がアパレル関係の仕事に就き神社の後を継ぐ様子がなかったため、跡取りは熊原になる予定でした。その神社を継ぐために高校卒業後は神職養成所へ通うことも家族で話し合いをしていました。そんな中、高校3年時の熊原のピッチングを見た仙台大学の森本監督が、腕が振れていて他の投手とはストレートの質が良かったためスカウトし、進学を反対する親を説得し進学が決まりました。もし森本監督が試合を見ていなかったら今頃神主になっていたのかもしれません。

経済的にも余裕がなく、代々地元を守ってきた後継ぎ問題があったものの最後は息子の野球をもっと高いレベルでやりたいという願いを聞いたそうです。その後、両親は節約して大学に行かせたという親心に見事に応えてプロの世界の扉を開けました。

最終的には兄がアパレル業界を諦め神社を継ぐことを決心したそうです。プロ野球選手になることが親孝行にもきっと繋がったことでしょう。

 

➋注目は独特なフォーム『神主投法』

話題にもなったイケメンという顔からは想像できない全身全霊で体全体を豪快に使うフォームが特長です。躍動感がありストレートは球速以上に威力を感じ、球威でねじ伏せれるところから巨人の抑えで活躍している沢村投手の様な印象を受けます。

フォームは非常に独特でまず驚くのが最初の構えです。左足を大きく1塁側に置く形をとっています。打者で言うなら極端なオープンスタンスでマウンドに立っているような形です。専門家がいうには投球時代にはさほど影響がないとのことですが少しリズムが単調になるという欠点を指摘する声もあります。

投球時は左足を大きくオープンに開き、グラブを顔の前に置いて静止。始動と同時に左足を上体が反り返るくらい高く上げる。次に左足を下ろす反動を使って一気に投げ込むフォームは「神主投法」とも呼ばれています。

熊原本人も子供たちがマネしてくれたら嬉しいと語っており、子供たちの心に残る活躍で神主投法を全国に広められるか注目です。

 

➌日本代表の経験を更なる飛躍へつなげる

大学3年時のU21W杯に参加したことで野球観が変わったと熊原自身語っています。日本代表の鹿取コーチと豊田コーチの指導や言葉に大きな影響を受けたそうです。プロから発せられる技術指導は熊原にとって「目からウロコ」の連続で今まで知らなかったことを貪欲に吸収していきました。特に豊田コーチは三重県の鈴鹿高校では無名の投手で大学でも練習環境がない中、大学で頭角を現しプロへの道に進んだということで高校時代無名という点では熊原と境遇が似ています。そんな豊田コーチとエレベーターに一緒に乗っていた時の会話で、「熊原、この狭いスペースで、お前なら何をする?」「オレならここでトレーニングをする。要は、野球は環境じゃないということなんだ。どこにいてもやれることはいくらでもある。やらないヤツは理由をつけてやらないだけ。プロになれる選手なんて、ほんの一握り。その一握りの選手は、絶対に言い訳をしないし、必ず努力している。やるかやらないか、その違いだけなんだよ」以来、練習に対する意識が変わり、どこで何ができるのか、いろいろと考えるようになったと熊原は言います。豊田はプロでは球界を代表するストッパーでセーブ王にも輝くなどその活躍は記憶にも新しいです。その言葉が更なる成長に繋がったことでしょう。

 

横浜が最後にAクラスに入ったのは2005年が最後で10年遠ざかっています。しかし昨年は前半戦首位で折り返すなど近年着実に力をつけてきています。

熊原には同じルーキーのドラフト1位の今永とともに1年目から戦力として期待されています。2軍ではリリーフとして好投を続けており、昨年新人王を獲った山崎の前に投げるセットアッパーとして他球団の脅威となる必勝リレーの一角を担うのかもしれません。

それくらの魅力ある球を投げる投手で、その甘いマスクから活躍すれば多くの女性ファンもつくことでしょう。将来のスターが今年どこまでプロに通用するか楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. samviewrs2
  2. img_7a9951540c574203a2591326851258da277778
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. dQzpfXCQyLE7JKWS_L_RXAYlmUhpKzWlZxDGjJUpduBa_nlGKm--Mm7z-xIi7-2xCFK73YPGv3E2Cs7wnH2TozWGarZKNBvduRQwpe6mqR71eT1yySikmVXDxls_WXopaDn8tfnKfX9b=w461-h319-nc
  5. 0513ichioka-001
  6. 川越
  7. 阪神 上本
  8. makihara-ns300
  9. 896c50a749e68e1d0181
  10. dra15021518050001-p2

最近の記事

  1. ロッテ佐々木
    2016年ドラフトの目玉となった田中正義(創価大→ソフトバンク)と並び高い評価を受けていた佐々木千隼…
  2. 楽天 藤平1
    2016年ドラフトの一つのキーワードとなった「高校BIG4」。その面々は寺島成輝(履正社→ヤ…
  3. 巨人 吉川2
    「球界の盟主」と呼ばれる巨人。この日本のプロ野球で最も注目される人気球団が2016年ドラフト…
  4. ソフト田中3
    やはり主役はこの男だった…。創価大 田中正義が注目を集めてからは12球団で競合とまで言われ、…
  5. 濱口1
    【2016年シーズン、セントラルリーグ3位】このAクラス入りが示す意味はとても大きい。…
  6. 東都大学野球春季リーグ
慶應-法政
加藤拓也投手
    広島カープ25年ぶりの優勝の勢いのまま真向から挑んだドラフトだった。結果は、1回目の…
  7. 阪神 大山
    「阪神タイガース第一回選択希望選手」「・・・」「大山悠輔」2016年10月2…
  8. 横浜 綾部
    茨城県取手市出身の綾部翔(あやべ かける)投手は、1997年4月25日生まれの19歳。身長1…
  9. オリックス 森本
    福井県坂井市出身の森本将太(もりもと しょうた)投手は、4歳上の兄の影響を受けて、小学校3年…
  10. 阪神 上本
    広島県出身、中学は軟式野球クラブの松永ヤンキースに所属。広陵高校時代は1年生の夏から4季連続…

カテゴリー

ページ上部へ戻る